--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.1921:27

夏の詩 100選 


夜になっても、相変わらず日中と同じくらい、うだるように暑い。
そこで、門をでて、月明かりのもとにしばらくたたずんでみた。

080719.png

竹がうっそうと生え、樹木が生い茂るあたり、虫が鳴いた。
と、そのとき、風もないのに、何とはなしにちょっと涼しくなったような気がした。



楊万里の詩。

ほんと、最近暑くって体中の水分が抜けてしまうようだよ。
虫がりんとなけば、確かにちょっと涼しく感じるかも。


「楊万里(よう・ばんり、1127年 - 1206年)は
南宋時代の中国の学者・詩人」なんだそうであります。

900年近く前の詩なのでした。

  夏夜追涼        楊万里
夜熱依然午熱同   開門小立月明中   
竹深樹密虫鳴処   時有微涼不是風 


(夏夜追涼)

漢文のほうはいまいち理解できないけど、現代語訳と解説が丁寧で、
漢詩が身近に感じられました。
お気に入りの詩集になりました。この漢詩の現代語訳みたいな景色を
写真に撮りたいなあと思ったりしてね。


夏の詩2



コメントの投稿

非公開コメント

どうも。
「時有=と、そのとき」いいですね。肝です。
漢詩は、ちょっと億劫なところがあるんですが、
いったん入ってしまうと、本当に、味わい深いですね。
私も昨年NHKラジオ講座で李白を聴いていました。
(5,6回で挫折しましたが・・・)

時折さん
そうなんです。漢詩は子供のころは大嫌いでしたが
勉強抜きで、難しいところを飛ばして読むと
とても味わい深いです。
その詩を書いた人たちと
年が近くなったからかもしれませんけど。
♪いらっしゃいませ♪


電力使用量

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
あらたにす
 
いってみる?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ゴガクル中国語
ゴガクル英語
メール:
遊びに来てくれてありがとです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
友達んち
ちびおば師匠が作ってくれたスイッチ。





piragotenバナー: Atnet Japan!
Atnet Japan!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。