--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.0122:07

六本木アート サントリー美術館 開館記念展 日本を祝う

チョコレート展のあと、目の前にそびえる東京ミッドタウンに。

空はますます暗く怪しくなってきている。

DSC02658.jpg


三つ目のサントリー美術館はこの中にあるのだ。東京ミッドタウンは、江戸時代 萩藩・毛利家跡らしく、工事にさいしての出土品達が柱のあちらこちらに展示してあるのもユニーク。

DSC02662.jpg




今まで書き忘れていたけど、モネ展では、入場者の平均年齢は、軽く50は超えていたと思う。ミドルエイジというか、映画館に常時1000円で入れる方々が集まっていたように思う。

で、21_21 DESIGN SIGHTでは、専門学校生や若い方が多く、入場者の多くは二十代、平均は30を超えるか超えないかの線だったようだ。

さて、サントリー美術館はは三階であります。
フロアーを上がるごとに、若干年齢が上がっていくように思いましたね。で、入り口。そうです。モネ展もしくは、モネ展を超えるかもしれませんなーー。さすが伝統美の展示だな。どれをとっても、生まれるよりずっと前に作られたものばかりですなーー。

ちなみにモネは、生没年 1840年~1926年。室町時代や江戸時代ってことはなく、だいぶ作品も若いわけで。
・・・ということは、作品の古さと入場者の年齢は何か相関関係が・・
いやいや。そんなことはあるまいな。

これはついでだったのですが、イヤーー良かった。
あまりこんでなかったし、じっくり見られました。

祥・花・祭・宴・調の五つのテーマで展示がされており、
蒔絵あり、屏風あり、カルタあり。
なんてったって、日本を祝うですもん。華やかでございました。
特に素晴らしかったのは、能衣装や上流階級のご婦人の腰巻などの着物です。美しい。あでやか。
刺繍がスゴイのなんのって。宝珠、小槌、分銅、筒守、七宝・・
宝づくしの吉祥模様が一面にちりばめられているのです。
螺鈿蒔絵の香合、室町時代の金屏風・・ため息がでるばかりでした。

興味あるかたは3日までなんで、慌てて行ってください。
でも週末だし、会期末だからもしかして・・混むかもしれません。

サントリー美術館の次の開館記念展は「水と生きる」で6月16日からです。

帰るころ。一階中庭のビックキャノピーから六本木ヒルズ方面を見た。
空はカナリ暗く、時折ゴロゴロいっている。
DSC02665.jpg


地下鉄乃木坂駅出口うえ。この写真を撮ったあとすぐ右端の雲から雷が落ちた。
DSC02666.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

まさにーー!

このあと、ザンザン降りでしたね~
しかし、何も被害に遭われなくて何よりでした!
日頃の行いがいい証拠ですわ、奥様。おほほほほ。

興味はあるけど…
娘が日曜日も部活です…あははははは。

ぶんママさん
局所的に降ったみたいで、私が出かけるときは晴れていましたが、友達は雨だったそうです。で、帰るときも小雨でしたが、川崎では一時間に90ミリとか。雷は地下鉄には落ちないからラッキーってか、逆に停電でもしたらアンラッキーですよね。逃げ場がない。つぼを持って歩かないと。

サントリー?

PIRAさま
 サントリー美術館って
 飲料会社のサントリーと関係あるのですか?

オーゴンカープさん

サントリーって、「社会を潤す水」のような価値ある存在になるために活動しているんですって。
http://www.suntory.co.jp/culture-sports/
サントリーホールとかもありますよねー。
成金っぽくなく板についてますよね。
♪いらっしゃいませ♪


電力使用量

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
あらたにす
 
いってみる?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ゴガクル中国語
ゴガクル英語
メール:
遊びに来てくれてありがとです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
友達んち
ちびおば師匠が作ってくれたスイッチ。





piragotenバナー: Atnet Japan!
Atnet Japan!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。