--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.1109:03

2006 秋の京都旅行 その6

旅行第三日目(11/5) 


ホテルのチェックアウトは11:00。
息子たちは押しても引いても起きてこない。もうすでに10時間以上ねているのに・・・。そうだ。あの魔法の言葉を。

「朝食バイキングは10時に終了なの。」

ガバッ。起きた起きた。しかしもう九時半。三十分あればいいか。

はー。このホテルの居心地はよかったな。朝食も美味しいし、
インターネットも無料で使えるし、新京極も近く便利。

特に何も予定を入れていなかったけど、私のリクエストで三十三間堂に行くことにする。クロークで荷物を預かってもらって、さあ出発!

三十三間堂

文化財
本尊・千手観音坐像(国宝) - 湛慶晩年の作
天蓋(国宝) - 本尊千手観音の天蓋
風神像(国宝) - 鎌倉復興期の作
雷神像(国宝) - 鎌倉復興期の作
二十八部衆像(28躯各々が国宝)- 鎌倉復興期の作
十一面千手千眼観世音菩薩立像1,001躯(1,001躯各々が国重要文化財)- 本尊の左右に各10段50列、本尊の背後に1躯、計1,001躯が並ぶ。大部分は鎌倉復興期の作だが、建長元年(1249)の火災の際、救い出された平安期の像も124躯含まれる。1,001躯のうちの5躯は東京・京都・奈良の国立博物館に長期出品中である。 朝光寺本尊である2躯の十一面千手千眼観世音菩薩立像のうち1躯は当堂から移されたもの。


三十三間堂
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


京都観光案内ビデオ動画案内 三十三間堂 通し矢



千手観音像は圧巻です。中学の時の修学旅行で面白いと思った唯一のお寺なのだ。
ここにくれば一気に千躯の仏像を拝めるわけで、全部の仏像の全部の手と握手したらと考えると気が遠くなるほど。さて息子はどう思うんだろう。やはり面白がっていた。一番手前のが良い出来なんだろうかとか、妙な感想を述べておりましたが、確かに後ろのは見てませんもんね。
入れ替えとかあるのかな。修理の時期がきまっているようですが、前後の入れ替えがあるのかは書いてなかったなあ。

今回気がついたのですが、風神雷神そのほかの国宝の像、みな素晴らしい。今にも動き出しそうでした。やっぱりきてよかった。

京都国立博物館
考える人



三十三間堂のすぐそば。中学生はただで、中学生を連れた大人にもディスカウントがあります。教育的配慮がありますな。第二第四土曜は平常展示はタダらしい。

博物館ディクショナリー 子供向け

平常展示のみの見学でしたが、仏像は見やすく素晴らしかった。
京都の有名なお寺から預かっている仏像の数々。
お寺でみるより静かでユックリ祈れそうだ。
人が少ないのがとにかく良いですね。
私としては一押しです。

息2は一階においてあるふかふかソファーに座ったとたんに寝てしまったようだ。

後で聞いたら二階にいかなかったそうで。一階でも土器しかみなかったとか。仏像も何にも見ることなかったなんて知らなかったよ。

休めたからいいのかな。仏像だけでも見てもらいたかった私。
ムカっと怒ってしまった。入場料を払ってはいったんだぞ、がっかりと。
しかし、よーーく考えてみると中学生はタダだった。払っていなかった。


昼は殿の案内で先斗町でたべることにする。川沿いに小さなお店が立ち並んでいる。
先斗町



ホテルに帰ろう。家に帰ろう。息2は急に元気になる。
なんでだろう・・。ホテルのロビーのソファーでくつろぐ三人。
息2は・・・インターネットか。嬉しそうにしていたのはこれか。

駅に行くまでの時間はここでくつろいだ。

出発前になり、京都駅にいく。お土産をかう。京都伊勢丹の屋上にあがってみた。

ピカーン


京都よさらば。また来る日まで。

毎日良い天気でした。天の神様ありがとうございました。

2006 秋 京都旅行記 完

コメントの投稿

非公開コメント

何は無くとも我が家でんがな

ニッポンのヨアケーーー!!!!by谷岡ヤスジ
旅行最終日、piraさんには名残惜しかったように感じました。また何時の日か、殿とフルムーンでフルフルをお楽しみになっては如何でしょう。私は名所旧跡よりも先ず食い気が先なので、また食い倒れ放題の旅がしたいです。京都で食べた芋坊、また食べたい!!!!
美術館めぐりの季節ですね。エッシャー、ダリ…行きたい所ばっかり。
考える人、いったい、何を思うのやら。

一気読みしちゃった♪

ただただ「おー素晴らしい!あーいいなぁ!」ばかりです。うん、いいなぁ。
いいですねぇー京都v
私は家族で京都は行ってないのでやはりいつかpiraさんのように行ってみたいです~
南禅寺の湯豆腐が食べたい。
最後の写真が旅行の素晴らしさを象徴してるみたいですね♪

濃密な旅行でしたね!

森嘉のお豆腐は食べられる私。私も京都行きたくなりました。
殿に案内してもらいたいなあ。過去の地雷を踏みふみしながら。

楽しい旅行記ありがとうございました!

京都はこれからが本番です。

ぶんママさん
清水寺は今日からライトアップされます。きっと今晩のニュースにでますよ。
食い気満々の集団が今回はかなり押さえ気味。なぜなら、たべ放題が少ないから。朝食がバイキングだったから良かったです。
美術館めぐりいいですねえ。いつかご一緒できたらと思います。

京都は日帰りもできます!

michakoさん
新横浜から京都駅まで二時間。びっくりです。日帰り十分できますよ。朝一番の新幹線にのれば、多分九時の拝観に間に合うのではと思います。夜も遅くまでのぞみがあるので、夕食も京都で食べられますよ。空いている時期に土曜早朝に出かけて日曜の夜に帰ってくるというのが一番効率がよいかもしれません。ぜひKくんさそってご家族でどうぞーー。

了解。わたしはベトナムでヨロシクです。

piyomaruさん
地雷ですか。ははは。
ぶんぶんハイツは外せませんねーー。
殿に案内してもらうのもいいんですけど、女性ばかりも面白そうよ!
殿はせっかちだから、店で立ち止まれないの。買い物がちょっとね・・。

学ぶ秋考え続けるロダンあり

Kyoto旅行満喫されましたね。考える人ロダン...久しぶりに見ました。いつも考えている...そう、いつも良く考えなくちゃ(笑)

炉談

なんじゃさん
満喫しました。おつきあいくださりありがとうございました!
家族旅行、息子がドンドン大きくなってしまっているので
慌てて計画してるんです。

お疲れ様でした~。
三十三間堂とか金閣寺とか、中学と高校の修学旅行で行きました。懐かしい♪
最後の空の写真、キレイ~。
フィナーレに相応しいですね!壮大!!

豆ちゃんったら。

豆トラさん
高校???なつかしいったって、この間じゃござんせんか!
娘が18くらいになったら家族で行ってみて下さい。
多分、何かが違うと思いますよ。
豆ちゃんだったら何の写真を撮るんでしょうね。
なんか興味があるなあ。雑貨屋さんだったりして。

お疲れ様でした!

三十三間堂は高校の修学旅行で行きました。
確かにあそこが一番印象に残ってますね~懐かしいです♪
壮大な京都旅行記アップご苦労様でした♪
最後の空が綺麗でいいですね☆

ありがと!

こうこさん
最後の空にはびっくりしましたよ。
思わず家族全員カメラを向けました。
多分結婚式がなかったら旅行はなかったと思います。
上の息子が大きくなってきて、休日はお正月だってアルバイト。
よっぽどの理由がないと家族全員集まれなくなってきました。

お疲れ様でした

僕もそこそこ京都巡りを経験していますが、殿様には負けるようです。金閣の映える時間帯とか、全然考えたこともなかった。
なんとなく、のんびりまったりな旅行だったようですね。ほわほわした感じが伝わりました。特に息子さん(笑)
ラストの日光の写真は、なかなか素敵な締めですね。「また来いよ」と言われたのではないでしょうか?

三十三間堂付近で、ぜんざい・お汁粉食べた~?

たべてなーーい。

たけさん
え?ぜんざいとお汁粉が有名なんでしょうか。
知りませんでした。のど乾いたーとかいいながら歩いてました。

旅行の最後にあの雲と光のすじを見てかなり感動しました。
マタ来いよと言われた気分でした。でも、寂しいですが、
もう家族でくることはないでしょうね、きっと。。。
♪いらっしゃいませ♪


電力使用量

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
あらたにす
 
いってみる?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ゴガクル中国語
ゴガクル英語
メール:
遊びに来てくれてありがとです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
友達んち
ちびおば師匠が作ってくれたスイッチ。





piragotenバナー: Atnet Japan!
Atnet Japan!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。