FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.0117:05

「公立学校、どうあってほしいですか?」

6月27日(火)NHKラジオ第一放送
夕方5:05~ いきいきホットライン
「公立学校、どうあってほしいですか?」
                  明治大学教授…齋藤 孝先生


27日のパートからの帰りの車中だったので、放送の一部分だけだったが
とても面白いはなしだった。

真の実力を育てるにはどうしたらよいかという部分だったと思う。運転中だったので、きき間違っているかもしれないけれど、思い出して書いてみることにした。

齋藤先生は、真の実力というのは、
★コメント力(プレゼン力)
★段取り力
★再生能力
と考えていらっしゃる。

今の学校の授業というのは、バッティングセンターで先生が打って見せているようなもんだという。生徒は自分が次に打つことを予想して見ていないのでウマく打てない。
(やっぱり自分で打ってみないとわかんないよねー。)
そこで、先生は授業の前に、「このあと君達に私と同じ授業をしてもらいます。」と前置きしたあと15分授業をしたそうだ。そして子供に授業を再現させた所、集中力があがり、効率よく学べたという。

学生や生徒は少し高度なことをやると俄然やる気をだすという。
(確かに小学校のころに中学の内容ができたりするととても嬉しく感じたものだ。)

教科書は、世紀の大発見の凝縮されたものだから、一つ一つは本来どきどきするほど凄いものだという。凝縮されたものをいかにウマく解凍して授業にするかで面白さが違うというのだ。(周期律表を例にだされていたが、確かに時間があれば、面白く授業できるのではと思った。しかし、週に2回とか3回の理科の授業であのボリュームですからね。実際には解凍したら終わらないでしょう。)

ここで帰宅。ラジオのスイッチを切った。続きものだったので、
木曜日(斉藤先生ではなく、日本教育大学院大学の教授の回)も聞いてみたが、これは全くの別物でがっかりした。どこにがっかりしたかというと、アナウンサーの質問に、教授が答えをきっちりしないところ。
意見の最後が否定で終わることもあり、じゃあどうなんだ、と、聞いていてイライラしてすぐ消した。
そういえば、このようなイライラ感、いつも何処かで感じていたのだ。小泉首相の会見ですね。質問にまっすぐ答えないエライ人が多いのはなぜだろう。順番として、まず質問に真摯に答え、それから意見を述べるのが最低限の礼儀というものではないだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

>「公立学校、どうあってほしいですか?」

さすが斉藤孝氏!説得力にあふれています。説得力に長けていると言うのは、充分に考えて物事を咀嚼している証拠。
そういう先生に授業をしてもらったら、子ども達の学習能力が飛躍的にアップするんではないかと思っちゃう。

うんうん!小泉首相ののらりくらりのコメントには腹が立ちます。人の話を聴かなさすぎ。んでもって、話す内容も恥ずかしい事ばっかり。自分自身にラブミーテンダーって言いやがれと言いたい。こういう人が日本のトップにいるからナメられるんだ…もう、イヤジャ…。

>「公立学校、どうあってほしいですか?」

斉藤先生は話がおもしろいんですよね。本も何冊かもってますが、この先生のおすすめする絵本にはハズレがないな~と思ってます。以前まだ英語を教えてる頃、斉藤先生がラボに公演にきてくださったんですよ。随分ラボの活動と似通った考え方されてる方でとてもおもしろい活動されてますよね。
ただ私この先生の声が苦手なんです…甲高いというか聞きづらい。活字で読んだ方が親しめます。
息子はこの先生に習えるんだろうか?うちのだんなさんがいた頃はまだ教授職ではなかったみたいだし。案外縁がないのかな~。

>「公立学校、どうあってほしいですか?」

ぶんママさんへ
齋藤先生のおはなしでは、効率よい学習の仕方の工夫の具体例をしめしており、とても分かりやすかった。また、この数十分の放送時間にあわせて、きちんと準備してきたのがわかった。木曜の先生は・・。プレゼン力、段取り力という意味が際立ってますます良く分かった。
つまり、良い放送だったです。

政治家は自分の話し方をもう少し考えた方がいい。問題のすり替えについて、罪悪感はないのか問いたい。

>「公立学校、どうあってほしいですか?」

michakoさんへ
活字ですか。見たことないです。こんど読んでみます。
面白いはなしのできる先生はひっぱりだこですね。移動も多いので、ちょっと心配ね。

>「公立学校、どうあってほしいですか?」

齋藤 孝さんの考えには賛同することが多いです。生徒に再現させるというノウハウなんて、まさしくおっしゃるとおりだと思います。
但し最近、この人のノウハウは常にただしいみたいな風潮が出来上がってて、当の本人もやりづらいのではないかなと感じています。適切な教育方法なんて、人それぞれですしね。生徒も教師も。例えば全く同じことをやるにしても、男の先生と女の先生とでは、効果が異なるのが現実ですし。
段取りをきちんとすることは、相手への誠意として大切だなぁと思います。準備不足で授業する教師、ダメダメ。
政治家にありがちなあの話術(?)、上祐あたりがはやらせてしまった気がします。実は2人とも早稲田出身でしたよね?違ったかな?関連性アリかも(笑)

>「公立学校、どうあってほしいですか?」

たけさんへ
へえ、先生の性別によって効果が異なるんですね。ふーむ。確かに、父と母で同じ事を言っても、反応違うからなあ。段取りは生活上も大事ですよね。齋藤先生のお話は生活にも応用できるなあと聞いていました。最初から最後まで聞けなかったのが残念です。聞いてる人・・いないよね。あの時間だし、NHK第一ラジオだし。
♪いらっしゃいませ♪


電力使用量

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
あらたにす
 
いってみる?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ゴガクル中国語
ゴガクル英語
メール:
遊びに来てくれてありがとです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
友達んち
ちびおば師匠が作ってくれたスイッチ。





piragotenバナー: Atnet Japan!
Atnet Japan!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。