--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.0823:24

医者の気持ち患者の気持ち

最近、お医者様側サイドからの情報発信が増えてきたような気がします。骨折を調べていた時に出会った整形外科のお医者様のサイトは、患者の気持ちと医者の気持ち両サイドが良くわかって、二重丸はなまる。先生とゆったり対話した気持ちになります。病院は怖いけど、ここは大丈夫よ。コンピュータですもん。ちゅーしゃしません。

整形外科医のひとりごと日常と診療の間に感じたことを中心に、できるだけ一般の人にわかりやすく発信。

たとえば、五月は記事が5本。
2006年05月01日 ‘農業’と‘趣味の園芸’
2006年05月05日 杖の機能
2006年05月13日 スポーツの腹筋と姿勢保持のための腹筋
2006年05月23日 整形外科100年
2006年05月28日 介護用ベッドの費用(これまでの無駄使い)

1日と5日は、患者サイドの「自分を病人扱いしたらその日から病人になってしまいそうで怖い」という気持ちが手に取るように分かるし、また、この先生が、そういった患者さんに対して、どういうアプローチをして説得したのかが良く分かりました。

多分、普段の診療では患者も医者も納得できるだけの対話の時間はとれないと思います。実際のところ、待合室に沢山の患者さんがいるときなんか、沢山聞きたい事があったのに、結局聞けなかったなんて経験はいっぱいある。先生だって、話したいけどってこともあるんでしょうね。そうそう、こういう風に言われたいのよとか、そうなんだーとか、画面を覗いてうんうんと一人頷く私。

私が一番真剣に読んだのは28日の記事。
介護用ベッドの費用(これまでの無駄使い

4月から介護保険制度が改正になり、10月に半年間の経過措置が終わります。家族が介護用ベットを使っているので気になるところだったのです。

参考ニュース:介護保険制度改正で福祉用具利用者に広がる不安

コメントの投稿

非公開コメント

介護保険制度って何をしたいのかいまだによく分かりません。認知症に対してはほとんど何もケアされていないし。この改正も全然「正」ではない気がします。ここでケチるなら、政治家さんたちの給料とかいくらでも減らせるところがあるのに。所詮、自腹を切っても痛くもかゆくもない人たちが頭の中で決めていることだからでしょうか。この国の将来はますます暗い…

piyomaruさんへ
なんかねえ。自分のことは自分でやりたい気持ちってあるでしょ。それを助けるシステムを作るのが一番大事なことですよね。認知症についてケアがないんですか?知りませんでした。なんとかならないものかねえ。

そうそう。私の両親も、老後は自分の好きに暮らしたいと言っていた。
介護保険料にしろ、取られ放題。どうなっているんだろうか…。
ケアする人の人件費も安すぎだというものうなずける。
いったい、どこに出口があるんだろうね…とにかく、お金を持っていない人は、死ねという国ということだけは理解できる。すごいね、日本。

ぶんママさんへ
介護認定の程度が低いということはあと少しのサポートがあれば、なんとか頑張れるレベルということでしょう?ちがうのかな。制度の改正は間違った方向へ向かっているような気がする。piyomaruさんがいうように減らせるところ、豊かなところから沢山お金とって、福祉に回す方が豊かな国だよね。ケアする人の人件費とか今回の改革で減ってしまう場合もあるらしい。
妙ですね。
♪いらっしゃいませ♪


電力使用量

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
あらたにす
 
いってみる?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ゴガクル中国語
ゴガクル英語
メール:
遊びに来てくれてありがとです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
友達んち
ちびおば師匠が作ってくれたスイッチ。





piragotenバナー: Atnet Japan!
Atnet Japan!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。