2007.07.3121:48

銘品探訪 東京の隠れ味、極み味、和み味。


ただの手土産カタログというよりも、お散歩系手土産ガイドというかんじでした。はじめに、のなかに、「是非本書銘品探訪を片手に味と東京散策を堪能して」という言葉があるのですけど、狙いは成功してると思います!
街は、神田本郷湯島、日本橋銀座、谷根千、上野浅草、巣鴨、神楽坂、深川、武蔵野、柴又、千住、の十箇所に分かれていて、それぞれにイラストマップと街案内がついています。
和菓子や佃煮の写真も綺麗でよだれがタラーリ。

銘品探訪 東京の隠れ味、極み味、和み味。

今日の昼休みにのぞいていたら、お友達がその本の中から
オススメの最中を教えてくれました。
北千住、なか井の「矢立の初」ですって。
みなさん、知ってました?

ちなみに求肥入りです。うまそーー。
2007.07.3109:03

和み味

図書館から借りてきた本。

韓国料理の本が二冊、
世界の料理一冊、
きほんのきとかかいてあるやつ、
東京の銘菓が沢山のってる本一冊。

面白かったらアップします。

今注目しているのが最後の一冊で、東京の銘菓のやつで、
今日の夕方あたりに紹介できればいいですけど。

今日の休み時間、どれだけ東京の銘菓をしってるか
数えてみよう。あんがい一つもしらなかったりして。





2007.07.2816:13

息子よ、いってらっしゃーーい。

息1には、自分のことは書かないようにと釘をさされているので、
なかなか書く機会がないのですが、もうすでに寂しいので
ここでコッソリ、気持ちを書きます。

朝、飛行機で出かけていきました。

(帰って来るのはたったの半月後です。)

でっかくなって帰ってきてね。(すでにでっかいが)。

たまには母宛にメールを頂戴ね。(このブログを見るかどうか微妙だが)。

朝わかれたばかりなのに、もうセンチな気分。

なんだろうな、親離れなんてとっくにすぎてるのにさ。

スゴク気になる。ついつい干渉してしまう。

子離れが必要なんだよね、わたし。ふーーー。




2007.07.2721:39

スーパーマーケットで

スーパーのレジをでたところに、

お話が弾んでいる女性一人。

一人でお話が弾んでいる方は初めて会いましたので、

とてもビックリいたしました。

ところが、びっくりは続きます。

歯のないおじいさん「ああいふのをふぉ、○○というんでゅだお。」

????それは、もしかしておしゃべりができない方のことでは??

話しかけられたレジのオバサンはカナリ疲れています。

お二人が出て行ったあと、私とレジのオバサンで顔を見合わせてしまいました。

レジのオバサン「どうおこたえしたらいいのでしょう。
どきどきするんですよ。」

どうもお答えしなかった、あなたは正しいと思います。


今日の昼下がりの出来事でございました。
2007.07.2422:13

夏休みらしい1日でした。






午前中のひまわりクン。
雲ひとつない真っ青な空に、似合ってます。
まるで小学一年生の絵日記みたいでしょ?

そして夕方。
だんだんと暮れていって、とてもきれいでした。

蝉もないてます。夏ですね!!
2007.07.2216:27

ペピーノとパピルス

ペピーノ(Solanum muricatum Ait.、syn. S. guatamalense Hort.)は、ナス目ナス科ナス属の多年生の植物。果実は多汁で甘く芳香があり、生でスライスして食用とする。原産地は南アメリカで、古代からアンデス山脈一帯の地域で栽培されている。チリやニュージーランドで品種改良がおこなわれた。

科 : ナス科 Solanaceae
属 : ナス属 Solanum
種 : ペピーノ S. muricatum

語源
原産地のエクアドルの言語であるスペイン語ではペピーノのことをペピーノ・ドゥルセ(pepino dulce)といい、「ペピーノ」は「キュウリ」、「ドゥルセ」は「甘い」という意味である。

♪♪♪   ♪♪♪  ♪♪♪   


パピルス(和名:カミガヤツリ、カミイ、学名:Cyperus papyrus L.)多年生の草本でアフリカ奥地の湖や河畔の浅い緩やかな流れの中に繁茂し、4-5mほどの高さになる。茎は三角形の断面をしていて最大6cmほどの太さになる。通常、根茎(地下茎)によって増殖する。


[編集] パピルス(植物)の歴史
パピルスはもともと中央アフリカのナイル源流から洪水の際にデルタ地帯に流れてきた株が自生していた。それを人手をかけて栽培し、記録のための媒体はもちろん儀式祭礼用品や履き物のような生活雑貨、綱、さらには舟の材料として利用していたものである。そのためエジプトのキリスト教化や、中国からの製紙法の渡来により需要が少なくなるとともに、自然にナイル下流部からは消滅した。今日パピルスの自生する地域はコンゴ・ウガンダ・スーダン・エチオピア・シチリア島・シリア地方のそれぞれ一部である。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2007.07.2202:28

自由が丘を自由に歩く

林真理さんの水彩画を拝見したあとは、
kazumiさんに連れられて自由が丘スイーツフォレストへ。

お昼だったので、まずはランチをプラチノ自由が丘テラスでとりました。夏野菜とチーズのリゾットとサラダと紅茶で1000円。
natuyasai.jpgsarada.jpg

デザートは別ばらとかいいながら食べたけど、結構おなかいっぱいになってしまった。

そのあとは二階でプリン。器がかわいいのでした。

上にマカロンが乗っていて、上はクリーム下にプリン、底のあたりにカラメルがはいっていたのですが、kazumiさんはカラメルの存在をしらず、最後に出てきたときにがっくりきてました。プリンに絡めて食べるのがおいしいんだよ、カラメルは。ふひょひょ。



午後に彼女は人に会う用事があったので、私一人で自由が丘探検です。

まずは花屋さんです。
ペピーノ(pepino)という植物を買いました。なすの仲間で実がぶらぶらと三つなっています。味はナシなんだって。あとはパピルス。かっこよかったから。

次に入ったのは○ックオフ。なぜに私は・・習慣というのは恐ろしいものです。でもね、自由が丘のはおしゃれでした。面白い本が買えたし。町によって入荷する本の種類が変わるのかもしれません。入って正解でした♪

アンティークのレースを売っていたり雑貨や家具、おしゃれな洋服など
それほど長くない小道にたくさんありまして、それにちょこっとはいるだけで、時間がもうガンガンとすぎていくのでした。
私はティーカップに添えるスプーンを二つ(スプーンの上部に、カップとかポットのミニチュアがついていて、可愛いの)と、セール品の夏の洋服を数点買いました。

あー楽しかった。また行きたくなりました。それに、おなかいっぱいで買いませんでしたけど、駅近くのケーキ屋さんで、猛烈に気になる「てんとう虫」を見つけてしまったの。これです。

2007.07.2114:00

「スイーツばかりの-林真理水彩画展」

hayasimari.jpg



kazumiさんに誘われて、
「スイーツばかりの-林真理水彩画展」に出かけました。

いやー。素敵でございました。
よだれが出てしまうような水彩画が
部屋の中をぐるりと囲んでおりました。
その様子は、一緒に行ったkazumiさんのブログに。

林さんは水彩画教室もなさっていているのです。
生徒さんはスイーツをじっくり見て水彩画を描いて、そのあとに
自分の「静物モデル」を食べるんだそうです。

素晴らしいじゃありませんか。
私もそのお教室に参加して、ぜひ和菓子やケーキを、じゃなく、
素敵な水彩画がかける様になりたいと思いました。
2007.07.1908:42

梅雨

DSC02866.jpg DSC02863.jpg DSC02839.jpg DSC02871.jpg


霧雨の中を歩くのはなかなかよいものです。
傘をさそうかどうか、まよっちゃいましたよ。
2007.07.1823:48

今日の事件ボ

鍵もサイフも携帯も、ちょっとで戻るからと
家に置いたまま出かけてみました。

ただいまーー。

ピンポーン。


しーーーーん。


そうです。締め出しです。

どうしたらいいんでしょうね、そんなときは。


まずは、マンションの管理棟に慌てて駆け込んでみた私。

息子は、いませんね。やっぱり。


友達の家をピンポーーン。

しーーーーん。

息子はいませんね。てか友達の家は家族ごと留守ですな。

うううむ。

息子は今日は休みだったしな。出かけてもおかしくないわけだ。
もし、遠くのお友達の家にいってしまってたら。

おおおお。どうしたらいいんだ。
お昼はどこで食べればいいんだ。

そこまで考えた時に、ぴーーんとひらめきました。

近所にAばあとじいが住んでいるではありませんか。

なーんだ。そーそう。慌てること無いじゃーん。

お昼をごちそうになれることになりました。
あがりこんでご機嫌。
ジュースもいただいた。
ひゅー。極楽。

ごはんの前に、とりあえず確かめの電話をしたら、
息子が帰ってきていました。

なんだか、嬉しいような、残念だったような。

せっかくだけど、息子にごはんを作らなくちゃと、
いそいで家に帰ると、
お友達と食べてきたとの答え。

ううううむ。

不完全燃焼だ。

ちょっぴり、ついていないお昼だったじょ。





2007.07.1719:09

いけぽちゃ。

久々に、それは和式でした。

で、おお。と思いましたけど、並んでいたし、
洋式を探すのもなんだし、
使うことにしたのです。

そこで、予期せぬ事態が起きていたのでした。
靴紐がほどけていたのです。

あああ。ト○レで、それだけは勘弁ですよね。
でも、それだけではすまなかったのです。。

ルンルンして扉をしめ、一歩踏み込もうとした瞬間、
私の片方の足は、もう片方の足の紐を踏んでいました。

あああああ。ぱちゃーーーん。

私の足は、目的地よりもはるか手前の池におちたのであります。

おっと。ぐらーーーり。

思わぬ段差に、丸い体が揺れます。

どす。ばすばす。壁に激突。

そのあと転びそうになったのですが、両手を壁に突っ張って、
何とか体制を整えました。

はあああああ。

一瞬、何が起きたのか分かりませんでしたが、
とりあえず無事。捻挫もありません。


何事もなかったかのように足を池から引き抜いて、
ぬれた靴紐を締めなおし、気持ちを落ち着けます。

すううう。はあああああ。すうううう。はああああ。

大丈夫、大丈夫。転ばなかった。
ここは綺麗だった。と思う。ことにしよう。綺麗だ。うん。




すっかりヤルキもうせて、手を洗って出ました。


2007.07.1612:15

ホームステイ

実家に成人アメリカ人がホームステイすることになり、
昨日が2日目。父に呼ばれて遊びに行ってきました。

父は貿易関係の仕事をしていたため、
全く気にしていない様でしたが、
母はちょっと疲れていた。

子供をホームステイさせるのとは別の神経を使うんだろうな。

交流協会主催のプログラムだったんだけど、
引率の彼女は二回目。
今週から始まる市役所訪問、消防署訪問とかその他のプログラムは
以前も同じなので、ショッピングとかホームステイ家族との交流とか
自由行動したいんだけどなと言ってました。

小学校訪問では大人もドッチボールするんだって!

協会が作ったスケジュールは二週間のうち自由は2日だけ。
帰るまで詰まってました。
まるで日本の海外ツアーのよう。

日本人として精一杯おもてなしのつもりだろうけど、
相手の気持ちも考えてあげないとと思ったのでした。



2007.07.1423:42

さわがに?

DSC02822.jpg


タイ蟹か。さわ蟹か。かに川さ。かにがいた。
2007.07.1423:15

もようがえ

夏休みがやってくる前にと頑張って部屋の模様替え。
今日はコンピュータまわりをいじりました。

コードが絡んでいたのをまともにして、ふいてさして。
床も掃除機かけて。

抜いたり挿したりしたんで、
インターネットが繋がってほっとしたよー。

動かしたのはコンピュータの机二つと食器戸棚一つだけど、
えらい疲れました。



2007.07.1320:47

国鉄人化計画。

テニスコートで私をジーーと見つめる人あり。

気になって、ふと振り返ると、なんとアニキじゃないの。

続きを読む

2007.07.1018:20

蓮の花

子供の頃は好きな花ではなかったですが、
最近、惹かれるようになってきました。色が繊細で美しいです。

早朝に、ポンという音をたてて咲くという話を聞いたのですが、
本当ですか?

DSC02801.jpgDSC02805.jpg
DSC02803.jpgDSC02807.jpg


相変わらず携帯電話のカメラで撮影してます。そろそろ、本物がほしい。
2007.07.1012:47

この間の(BlogPet)

今日、gontaが
この間の、渋谷の100円ショップで買ったジョウロとウイマット、なかなか良いでしょう?
とか思ってるよ。

*このエントリは、ブログペットの「ダダン-パール男爵」が書きました。
2007.07.0823:35

ウインブルドン。

テニス。テニス。テニス!!

この間から、パワースマッシュというテニスゲームを
やっていたおかげで、ウインブルドン面白すぎ。

「ぼくはいつも、フェデラーと組んで世界を回っていた。」
とかいって、鼻高々な人が約一人。
ちなみに私はナダルと組んで世界を回ったので、
今回の男子シングルス決勝は、もう、目が離せません。
なんてったって、フェデラー対ナダルだもんね。


パワースマッシュでは、いつも私をはげましてくれたナダル。
頑張ってね。ナダル。勝つんだよ。ナダル。

2007.07.0722:12

和のこころ―日本伝統芸術へのいざない

図書館の歌舞伎の本棚あたりをウロウロしていて見つけたこの本。
茶道編、歌舞伎編、墨の芸術編、いけばな編に分かれていて、
ページの左側が日本語、右側が英語という形で、
写真もとりまぜて、それぞれ詳しく解説がのっています。

・・・・海外生活を体験いたしますと、まず、異国の知人や友人から
「なぜ日本ではそうなの?」と質問され、改めて日本文化について認識させられます。・・・・日本の伝統文化の一端を紹介するため、」長年にわたって試みた方法論をここに纏めました。・・・・まえがきより。



と、書かれているように、
系統だってとても分かりやすく纏められていました。
これから海外に行く人にとっても、
また日本で、初めて歌舞伎やお茶について学ぶ人にとっても、
とても役に立つ本ではないかと。

実は、まだ歌舞伎のところしかよんでないんですけどね。
でも、歌舞伎だけでも、見開きで110ページもあるんですよ。
普通、日本の歌舞伎案内は、物語解説の部分が多いんですけど、
この本は、そういった意味では全く違うものでした。
たとえば、最初の30ページは
イリノイ大学のカブキ科をまかされた筆者が、
どうやってカブキへの理解を得ていったのか、歌舞伎の美学とは
どのあたりにあったのか、分析しながら解説してくれます。
そのあと、舞台機構、劇場音楽とつづくのですが、
すべて、異国の学生たちからの「どうしてそうなるの。」
という疑問に答えてきた筆者の姿が、
写真や文章から見えてくるようです。

とにかく、見つけてよかった。
カブキの解説書としては全然期待してなかったんですけど
とっても良かったです。カブキのところが終わったら、
次は茶道のところを読むつもり。



和のこころ―日本伝統芸術へのいざない

出版社/著者からの内容紹介
見開きで、日本語と英語で解説がされている、バイリンガルの日本伝統芸能入門テキストです。 長年アメリカの大学で、日本文化の講座の講師を担当してきた著者が、茶道・歌舞伎・墨絵・いけばなについて単なる入門に留まらない深い内容を、わかりやすく解説しています。 英語圏の読者には日本文化を理解するために役立つテキストとして、また日本の読者には、英語で日本文化を説明するときに役立つ実用書。

2007.07.0621:29

源氏の男はみんなサイテー 大塚ひかり

20070706210422.jpg


源氏の男はみんなサイテー (ちくま文庫)



なんと痛快なタイトルでしょう。

源氏物語の解説書として面白いし、切り口が良いです。

「鳩よ!」に1996.3-1997.7に掲載されていた作品を
加筆修正したものだそうで。ふーん。全然知らなかったな。


ゲン。魔性の男。女にしてみたいと、
屈強な男もおもわず微笑んでしまうような美貌の18歳。
しかし、三十歳まではカッコ良かったゲンも、
40歳あたりになると、彼の容姿に関する描写はぱったりで、
歌声がステキとか。
そんな彼を50過ぎまで描写して、年取らせてるんだと。
ウウム、大塚さんの分析はナカナカ。

要所要所に加えられている人間相関図が
とても参考になったのでした。
2007.07.0600:27

おなかぱんぱん、ぷりっぷり。

火曜日にすずちゃんと満腹になる食堂で
鯖ミソ定食をたべてからというもの、
なんかずーーと、おなかパンパンなのである。

すずちゃんはダイエット中だったらしいが、
私の誘いに付き合ってくれて、一緒にパンパンになったけど、
その後はどうなっただろう。

おなかパンパンだったけど、
なんとか、指圧してもらって頑張っている。

今日は昼にたべ放題90分にいった。
で、またパンパンになって、息子に指圧してもらった。

夕食はおなかが一杯だったので、スパゲティーにした。
で、そのあとチョコレートケーキ。

ああ、また指圧してもらわないと。

もしかして、パンパンなのは胃袋じゃなくて、
ジーパンかな。

ゴムのウエストの洋服にすると少しらくになるんですよ。
可愛そうなジーパン。

ちょっとってか、ものすごくメタボな
今日この頃です。
2007.07.0402:05

似顔絵イラスト2

お気に入りのキャラをつくりました。

まだたったの二人ですけど。


順次追加予定。

ほーほっほっほ。

おほほほほ。

続きを読む

2007.07.0319:52

わがはいは おばさんである。

知らない土地へいっても、
同じ年頃の人としゃべっちゃう。

一緒にいると飴とか配ったりする。


安売り商品があると、モト値がしりたいから、
値札のシールをまくってみたりする。

そんな人、あなたは、オバサンかもです。


今日はラジオできいたんだけど、検索してみたら
「オバサン検定」ってのが
フジテレビの「水10!オリキュン」
であるんだって。こういう感じかなあ。

テレビの見たことある人います?

2007.07.0312:38

って言ってたけど…(BlogPet)

ほんとうは、gontaは
ファミレスは、ゲームセンターの道向かいにあるようで、
息2は道向かいのいやーに行っている。
って言ってたけど…

*このエントリは、ブログペットの「ダダン-パール男爵」が書きました。
2007.07.0223:32

いやー。まいったまいった。

サイフに入れたはずのクレジットカードがなくなってしまった。

夢の話ではないのです。
現実に、恐れていたことが起きてしまったのです。

私は家計簿を付けない代わりというか、カードで会計できるところで
は、カードで支払うことにしてます。あとでクレジット会社から家計簿がやって来るんだモンねー。ラッキー。で、一番怖いのは、クレジットカードを落としたりすること。

買い物をしようと、サイフをさがすが、カードがない。

ぞぞぞーーー。どうしたんだろう。

カードをカバンにそのマンマ入れたのかな。
レジでカバンをゴソゴソするが見えないので、
とりあえず現金ではらう。

この時点ではまだ本気でカードがないとはおもっていないので、
帰りのバス賃がないなあ、牛乳かえなくなったなあとか、
まあ、家かな。車かなあとか思ってる。

でも、レジを済ませてから、考えるに、カバンに入れた記憶も
ない。ポケットにいれたりすることはないし、車でだしてもない。

あおおお。で、三十分後、体の力が抜け始めました。
最後に使ったのは、、えっとえっと。。。そうだ、ブック○○だ。

落としたのかーーーー。でも、もしかして。返してもらったのは
黄色いブック○○カード。。だったっけか。
確か、一枚ぽっきりだったよ、な。な。

で、慌てて古本屋へ。

ありましたよ。レジ内の金庫にありました。

ありましたよ。だって。すみませんはなかったよ。

落し物じゃないんだよ。


あのね。気付かなかった私も私だが、

レジのねえちゃん、カードは確実に返せ!!焦ったぞ。

寿命が三年と四ヶ月くらいは縮んだと思う。

でも、とりあえず無事に帰ってきました。
物語をありがとう、私のカード。

今日、そのありがたいカードでギョウザを買おうとしたら、
なぜかカードが壊れていて使えません。

あぁあぁぁああああ。

結局使えないのよ。やめてーーー。

♪いらっしゃいませ♪


電力使用量

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
あらたにす
 
いってみる?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ゴガクル中国語
ゴガクル英語
メール:
遊びに来てくれてありがとです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
友達んち
ちびおば師匠が作ってくれたスイッチ。





piragotenバナー: Atnet Japan!
Atnet Japan!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
  1. 無料アクセス解析