2007.06.3019:55

似顔絵イラストメーカー

似顔絵イラストメーカーをお友達に教えてもらいました。

で、作った顔はこれです。


20070630192210.gif


しわを加えたんですが、他のパーツが若いので、いまいちかな。
面白いですよ。おひとついかがですかー?

続きを読む

2007.06.2820:48

ほーーーたーるこーーい。

今週、携帯でとった写真いろいろ。

まずは、ホタル。どうしてもみたかったんで、ホタルが出るっていう
遠くの田んぼにいってみた。

いた!!!

ひとりぼっちのホタル

でも一人ぼっち?なの。広い田んぼに一匹しかいませんでした。しかも飛べないくらい弱っていました。他のホタルは死んじゃったのかな。残念。

火曜日にお土産でもらった粽。ちょっと硬かったので、チンして砂糖醤油でいただきました。右の写真は、粽についていた穂。何の植物でしょうねえ。笹?ちがうよね?
DSC02780.jpg DSC02784.jpg


そして、今日は、ぬれせんべい。しみせんべいという名前らしい。
止まらぬうまさでした。すずちゃんありがとう。

DSC02787.jpg

2007.06.2521:56

あなたが世界を変える日

あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

20070625214404.jpg


内容(「BOOK」データベースより)
1992年6月11日。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた国連の地球環境サミット。カナダ人の12歳の少女が、いならぶ世界各国のリーダーたちを前にわずか6分間のスピーチをした。そのことばは、人々の強い感動を呼び、世界中をかけめぐり、いつしか「リオの伝説のスピーチ」と呼ばれるようになった。




このスピーチをしたセヴァン・カリス=スズキさんのインタビューはカナリ前に聞いていたものの、その伝説のスピーチそのものについては知らずにずいぶんたってしまった。

19.2 x 13.2 x 1.2 cm 。たった65ページの、この本。わずか6分間のスピーチ。すごく重い内容だった。

感動した。大人が本当にしなくちゃいけないこと。忘れてはいけないことを考えた。考えなくちゃいけない。

資料1の、日本に住む私達が果たすべき環境への責任という、日本人が日本人のために作成した声明文もずしりときた。

・・・・日本の人口は世界の約2パーセントにも関わらず、石油輸入量は第二位で、エネルギー使用量は第4位です。長年にわたって世界最大の熱帯材輸入国となっています。これほど狭い国土に、世界の約七割のごみ焼却施設を有し、その結果世界一多くのダイオキシンを排出し、生態系に深刻な影響をあたえています。私達の生活は、地球の環境を損なうことと引き換えに成り立っているのです。・・・



ぶんママさんがコメントで教えてくれた、伝説のスピーチ.


2007.06.2421:39

noritake square

ティーカップが欲しいとずっと思っていたので、
実家に帰ったついでに母と一緒にノリタケスクエアへ行ってきました。

noritake square

いろんなカップがあって目移り100万回。
結局、スミレの柄1客と、薔薇の柄がついたクラッシックなタイプのを1客、計2客。この間の、渋谷の100円ショップで買ったジョウロとティーマット、なかなか良いでしょう?

ティーカップ


母にケーキセットをおごってもらってご機嫌。
携帯カメラ、ちょっと最近ご機嫌斜めで、うまく写りません。
もうちょっと綺麗でした。カップもお皿も全部(当然)ノリタケで、
柄も違うんですよ。
DSC02767.jpg



結婚以来、ほとんど食器を変えてないんです。
普段使いのマグも新しくしたい。でもノリタケはちょっと高めで
種類もすくなかったです。
もっと手ごろな値段で、ガチャガチャ洗っても負けないようなのを
IKEAあたりで物色しようと思ってます。
いい柄があれば100円ショップで買っちゃうかも。
2007.06.2400:33

POWER SMASH 3 PS3

トレーニングすればするほど、結果がついてくる。
なかなか気持ちの良いものですなー。現実でも
こんな感じでいければいいんですけど。

POWER SMASH 3(パワースマッシュ3) 特典 オフィシャルキャラクターブック付き

20070624001609.jpg



このゲームのよいところ三つ。

1.操作が簡単。
マリオテニスみたいにしびれたりしないし、ショット別のボタンがないので快適。(実はショット別のボタンありました。知らなかっただけでした。7/8訂正)

2. 自分の好きなキャラを作れる。
顔形を自分の好みにできるので、そこで結構笑えてしまう。
結局は普通が一番なんだけど、変な顔にもできる。

3. 有名な選手と試合ができる。
似てるんですよ。私は昨日は、モーレスモと対戦しました。
勝ててとても嬉しかったよん。

ランクがあがってくると、相手も強くなるそうで、
それも楽しみです。今は始めたばかりなので自分も相手も弱いです。
試合でミス連発。球がつながるようになるといいんでしょうねー。

現実のテニスでも強くなりたいのですが、最近はちょっと。
おなか油と背油が。。。

ちょっと文字と声がうるさい、PS3日本語版の紹介トレーラー



2007.06.2218:03

社保庁では今月末、満額のボーナス!!



満額ボーナスってなに。


記録がないとか、間違ってたってとんでもないスゴイ過失じゃないの。

年金問題って、可愛く聞こえて、しかも他人事みたいだよ。

問題じゃない!!! 年金詐欺だ。

信じていた国民に対して行った詐欺だ。

満額って。。。。。。絶対ありえないと思う。



むっちゃくちゃ腹が立つニュースである。
2007.06.2211:09

2007.6.22 早朝の夢

カテゴリーに「夢ノート」を加えた。
今日から、覚えていた夢を書くことにした。
今回は、起きる直前まで見ていた夢のもの。
怒りがピークに達して、おこりすぎて目が覚めた。

どこがハジマリだったかも、今となっては定かではない。
おきてすぐにメモするべきだったけど、まあ、とりあえず
断片的に。しかし、夢ってどうしてこんなに早く忘れちゃうのかな。。。

♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   

まずは、一番最後の夢。怒りで震えて目が覚めたやつ。

私たち家族はファミレスにいる。それもアメリカの危ない地域の
デニーズっぽい。周りのお客の質が悪いかんじ。

ファミレスは、ゲームセンターの道向かいにあるようで、
息2は道向かいのゲーセンに行っている。
(夢が入れ子になっていたので、定かではないのだが)
私達家族がどうもファミレスで待っている間に、
ちょっと出かけたようである。

隣のテーブルのチンピラが私にやたらと嫌がらせをしてくる。
殿は知らん振りを決め込んでいるのか、反応しない。
で、私は力を振り絞って殿に助けを求める。
(夢の中なので、ちょっと声を出すにも大変な力が要る。
たぶん、本当に寝言をいっていると思われる。)

すると、殿が、「あなたが相手にきちんと嫌だといわないから、
つけこまれている。自分で何とかできるでしょ。」とか言う。

全身の力を込めて、ヘルプをだしたのに、無視された。

猛烈にムカっときた。そしてそばにあった箱を殿に投げつけ、
また、何か叫ぼうとするが、声が出ない。きえええ。ムカムカーー。

そこで夢が終了。ちなみに傍にあった箱は、普段仕事でつかってるやつ。夢で出てきちゃった。ファミレスにあるなんてね。

起きたら、一応殿には別状はなくスースー寝ていた。
私は暴力を振るってはいなかった。良かった。
その代わりというか、全身汗びっしょりで硬直していた。

昨日、パワーパフガールズをみたのだ。バターカップがチンピラの仲間になってしまうが、最後には目が覚めて、友達を救うというストーリー。たぶん、あれでアメリカのファミレス、チンピラという夢の登場人物が揃ったようである。

あと、殿が、私がチンピラに絡まれてヘルプを出しているのにもかかわらず無視したというところは、このニュースをみたからだとおもう。

SOSメールで痴漢お縄…受信した知人が取り押さえる
 埼玉県警狭山署は21日までに、県迷惑行為防止条例違反(痴漢)などの現行犯で、狭山市笹井の会社員、古谷俊夫容疑者(59)を逮捕した。逮捕のきっかけは被害者のSOSメールだった。

 調べでは古谷容疑者は20日午後7時9~35分、西武池袋線池袋-所沢駅間を走行中の急行電車内で隣に座っていた専門学校生の少女(19)の太ももなどを触った。

 少女は知人の男子大学生(19)に携帯電話で被害を訴えるメールを送信。大学生が最寄りの同線武蔵藤沢駅までタクシーで向かって同じ電車に乗り込み、同容疑者を取り押さえ、入間駅で駅員に引き渡したという。


「もし私が殿にメールしても、周りの人に助けをもとめなさい、とか、自分でなんとかしなさいって返事がきて、自宅からタクシーで助けに来るなんてないだろうな。」と、思ってたからだなあ・・きっと。

♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪ 

最初に、と書いたけど、これで止めときます。

入れ子になっていた息子のゲーセン物語、それも結構長いのだ。

実はそのほかにも二つ見た。どうやってみたのか、何時間夢をみていたのだろうか。

メモしといて、いつか、時間があったときアップするかも、しないかも。
2007.06.2122:14

通勤途中で。

いつもの日常に感謝しつつ、通勤用のUFOに乗る。

あれま。工事ですね。最近工事が多い気がする。

旗振り人形ではなかった。作業員さんがかっこよく
交通整理をしていたのだ。

丁度、赤というか、停止だったため、作業員の方は
こちらに背を向けて向こうの作業員の人に合図を送っていた。

動きも美しく、惚れ惚れするくらい若々しく
カッコいい後姿だったのよね。


20070621220909.jpg


その方、反対車線の車がいなくなると・・・こちらを向きました。

続きを読む

2007.06.2121:58

なにげない日常に感謝。

今日の朝は、いつもの通りの朝であった。

何にも変わらない。
でも、変わらないことがとっても嬉しい朝であった。

昨日、図書館で宮廷女官チャングムの誓い (上)全三巻を借りてきて、
波乱万丈なチャングムの人生を最初から味わっていたからだ。

結局止められなくて、夜中の三時になってしまった。
朝起きたら、自分はチャングムでなくて、piraであったことに
喜び。そして、牢屋でなくて布団に寝ていたことに感謝した。
こうやって生きていることが幸せなんだと実感したのであります。

20070621215342.jpg


本とドラマとは若干スジが違うけど、それぞれ楽しめる。
ドラマよりも本のほうが、刑罰は厳しく恋愛も激しい。
無実の罪でなくなったハンサングンさまが可哀想。。。
2007.06.1821:18

100円の幸せ

この間のダビンチ展の帰りに、渋谷マークシティーにある
Natural Kitchenにいきました。

ほぼ100円均一ショップというのでしょうか、ほとんどが100円商品なのですが、とってもおしゃれ。最近の100均進化してますね。

イチゴ刺繍入りランチョンマットと、ラベンダー刺繍入り巾着、
可愛いレースとか、チロリアンテープ。
ジョウロの形をした小物等等。百円で沢山買ってご機嫌♪

単純ですなーー。雑貨ってどうしてこんなに楽しいのでしょう。

小さなお店なのに、30分はぐるぐるしてました。
とっても幸せな気分で帰宅です。

次回は、レースモヨウの小さなグラスを買おうと思ってます。
夏にアイスクリームを入れたら、きっと美味ですわ!


2007.06.1709:34

10円で感動。

kazumiさんがあんこ好きだったということを10円饅頭で思い出した。

当時私が好きだったのはモロゾフのチーズケーキ。
しかし紅茶で食べるとあっという間に数百円。
サイフが痛かった。

私が今回利用したのは谷中の10円饅頭店で、
行列もなく、ほうじ茶のサービスもあったりして満足しましたが、
こーーんなにあるんですなーー。トレンドだったのね。

知られざる、行列のできる店(4)急増! 10円まんじゅう・・各店舗饅頭比較の写真が面白い。あんこの大きさがひとめでわかる。


学生の時もずいぶんと食べました、あんこ。
しかし、学生の時に10円饅頭がちかくにあったら
毎日饅頭を食べていたと思う。
2007.06.1621:57

峠ーー。

PTA主催の陶芸教室にいってきました。

今日は最終日。
前回、私達の作品を先生方が素焼きしてくださっていたので、
今回はやすりで凸凹をなくしたり、くっついては困るところに
釉薬がはじく薬をぬったりという仕上げをしたあと、
釉薬をかける作業でした。あとは、もう一度先生が焼いてくださり
完成なのです。

はっきりいいましょう。
どんな色になるか、自分でも予想がつかなくなってしまいました。

釉薬ってね、焼く前の色と焼いたあとの色って全然違うんですよ。

付けてる時なんだかわかんなくなってきて、
もうシッチャカメッチャカに混乱しましてね。

はーーーー。楽しみです。

焼きあがったあと、自分のが分かるかなあ。それが唯一の心配。


出来上がりが見られるのは九月。

失敗してても面白いので9月に作品をアップします。







2007.06.1518:20

レオナルド・ダ・ヴィンチが遺した宝物 & 不思議がいっぱい レオナルド・ダ・ヴィンチのひみつ

壁に書かれた説明を、人間のとぐろの中で読むのは辛い。
今回のダビンチ展は数多かったので、下の方まで読むには人を掻き分けなくちゃ無理でした。それに・・館内が暗くて若干読みにくかったです。

実は、モネ展のときに、じっくり実物が見られるときなのに、
説明を読んでいる時間が惜しい気がしたんですよね。

で、今回は予習をしていきましたよ。
これは、ダビンチ展でとても参考になった本であります。

20070615173436.jpg

レオナルド・ダ・ヴィンチが遺した宝物 (大型本)
マシュー・ランドルス (著), 春宮 真理子 (著)  価格: ¥ 5,040 (税込)


アマゾンだと中身検索ができます。そのうちの一枚がこれ。


20070615173825.jpg


ね?いいでしょう?中に小さなメモとか、ノートとかが、別冊で挟み込まれているのです。今数えてみたら28個もついてました!かぞえまちがえがなかったら、28です。見学中、本にあったこれだ、あーあれだと思いながらみてました。

印刷が特殊なのか、絵のところがピカピカしていて、
はっきりしています。値段もいいですが、
印刷が素晴らしい。説明は翻訳が硬いので、きちんと読んでないんですど、とても詳しいです。

で、今回ダビンチ展で購入したのはこれ。

20070615174437.jpg


不思議がいっぱい レオナルド・ダ・ヴィンチのひみつ

子供向けだそうですが、大人でも、十分学べますです。
DVD付で1000円。


この本を買って、また学習しました。

美術展にいくまえの予習では、大人向けの本じゃなしに、
まず、あっさりと子供向けの本を図書館でみるか
本屋で買うかしてから鑑賞するのが良いなあと。

2007.06.1500:46

特別展 レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像

6月8日の日記に、しばらくおとなしくしているつもりと書いたのだが。。。

東京・上野の東京国立博物館で開催中の特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像」6月17日までなんです。
友人のkazumiさんの魅力的なレポートを不覚にも読んでしまって興味津々。追い討ちをかけるように、今日、友人と会う予定の画廊が、国立博物館から歩ける距離。しかも、三時解散。。。うううう。

kazumiさんは三時は五分待ちっていってたなああ。
もう行くっきゃない気がしましてね。

今日新しくできたかわいらしいお友達と一緒に、国立博物館までテクテク。途中、手ぬぐいやさんがあったりして、博物館につけたのは
四時過ぎでした。さすが、閉館一時間まえということで、待ち時間はなしです。

最初に第一会場にあるウフィツィ美術館の至宝「受胎告知」を見る。
入り口をはいってすぐに、人がとぐろを巻いていた。あれ、まだ人がいるんですねー。しかも、のんびり立ち止まって見れる時間帯だったのか、とぐろがうごかないのだ。うひょー。一時間で第二会場まで全部見なくてはいけないのに、困ったな。。と思っていたら、警備員の人が、
「今日は閉館は五時ですーー。第二会場がまだのかたはお急ぎください。」とアナウンスした。やっとこさ、列が動いてくれた。

kazumiさんも言ってたけど、受胎告知、なんかオーラがあるかも。
ひきつけるものはありますなー。ダビンチ20歳のときの作品だそうで。
やっぱ天才でしょ。

次は第二会場だ。手稿などが展示されているはず。
おお、こちらにも人が沢山いるでないですか。
閉館間際まで粘る人で一杯なのよね。結局天才過ぎて、全部を理解するのは難しいわーー。途中映像シアターとかがあるんだけど、パスしました。手稿はぜんぶで12コ公開されていたようだ。数えてなかったんですけど、目録にはそうかいてあります。

本展では、イタリアが誇る至宝「受胎告知」をダ・ヴィンチの創造世界の始まりにすえ、手稿をもとに制作した模型や映像などを用いて、芸術から科学にわたる広範な試みの全てを紹介していきます。500年前に生きた一人の人間が成し遂げた偉大な精神活動の記録を余すところなく概観できる、これまでにない展覧会です。


と博物館のHPに書いてあったのですが、その通り。素晴らしい模型でした。

家に帰る途中、ああ、これを小中学生に見せてあげたかったなあと
悲しくなった。いま、子供達は恵まれているようにみえて、実はキュウキュウで、余裕がなくなっている。こういう展示を小中学生に見せてあげられれたら。。。。本当に美しい日本になると思った。
2007.06.1318:49

洗濯物

洗濯物を洗濯機にいれるとき、何か工夫してます??

ラジオの豆知識によると、指示量の八割くらいのほうが、
洗濯物が良く回って、汚れオチもいいんだとか。

てーとですね、逆に、

洗濯物を指示量の通りいれちゃうと、汚れオチわるいんですか?

そこんとこを知りたいんです。

今まで私は、指示ドウリに入れてきました。
まあ、汚れが酷い時は少し少なめに入れて、水量をアップしたり
することはありましたけど、普段はそんなことたあしません。

工夫としたら、最近は酸素系漂白剤を一緒にいれて洗濯してます。
これは、白くするというより、脱臭ってかんじ。
漂白剤を入れて洗濯した方が
仕上がりの洗濯物のニオイがすっきりしていたんですよ。
男の子がふたりもいるしね。
我々にも加齢臭あるかもしれないし、
これから梅雨でもあるし、最近は必ず入れてます。

とにかく知りたいのだ。汚れオチに違いがあるんでしょうか。

あ、それから、洗濯機にボールみたいなの入れたら違う??

さまざまな洗濯の知恵募集中です。



2007.06.1318:34

知りたいエネルギー

からだ中から「知りたいエネルギー」を発散している男性をみた。
その男性、多分5-60代と思う。
質問を受けているのは若い講師の先生。

男「ここんとこ、ちょーーと分からないんですよね。今いいですか。
失礼します。ホント失礼します。」

といいながら、講師と歩いてきた。

男「私どもはですね、素人ですのでね。ホント、本は読んでるんですけどね、ちょっと分からないんですよ。」

という前置きつきの質問を、続けざまに数個。

講師の先生、その熱意に驚きつつも、がっぷり四つ。
講師「それは、いいところに気付かれましたね。そうなんですよ。」
と、質問者を喜ばせた。

講師が一言説明するたびに
「そうですよね。そこんとこまでは本で読みました。」
と相づちを打つのがウルサイ気がしたが、
知りたい答えが見つかるたびに大喜び。
自分の予想どうりかもしれないと分かると
子供のように顔をくしゃくしゃにしている。

この人を覆っているオーラというかエネルギーは
原子力発電所並にスゴイ。
電極をつなげたら、東京ドーム一個分くらいは照らせるかんじ。



いやー。面白い。世の中は面白い人で満ちている。







2007.06.1023:24

いわずにおれない まど みちお

20070610225531.jpg


いわずにおれない 集英社 680円 

小さな体でキビキビと
一心不乱に働いているアリが、
いのちのかたまりのように
私には見えるんですよ。
命の不思議さ、まぶしさ、
激しさを感じるというか。

--いわずにおれない 背表紙より--



図書館で何気なく手に取ったこの一冊、久々のヒットだった。

電車で、好きなところをパカッとあけてそこから読んだ。
、「ボケが引き起こすトンチンカンも、天の恵み」と書かれていた。
(第六章 体って不思議。老いだって面白い)
たまたま、落ち込んでいた時だったんで笑ってしまった。
まどさんは、私の気持ちが分かってたんじゃないかなあと
驚いたりして。

インタビューを元に書き起こしたもので、生の言葉も詩もあり。
まどさんの魅力全開であります。
--この世にハッとすることは無限に存在し続ける---。
一つ一つの言葉がキラキラして、読み返しても新しい発見がありそうな、そんな本。

♪♪♪   ♪♪♪   ♪♪♪   

まどさん、すんでいらっしゃるのは川崎市、インタビューの場所が新百合ヶ丘となるとぐぐっと親近感なのだ。

あの詩は、もしかしたらうちの近くで作ったのかもしれないんだよな。





2007.06.0910:10

あやしいカップル

数ヶ月ぶりに怪しいものをみた。

ところで、カテゴリーのあやしいシリーズをクリックしてみたら、
あやしいものに遭遇する確率は六月が猛烈に高い。
まだまだこれから半月あるので、またあやしいものにであってしまうのか。


美術館から帰る電車の中。新宿発五時半くらいのO線。

私は一緒に行ったお友達とは逆方向を向いて、
満員電車の中で立っていた。

目の前には、男40代、おなかふくらみ目、油顔。
女20代ポンキュッパ、カナリ美人の、
不釣合いなカップルがつり革を持って立っていた。

会社の同僚のようでもあり、そうでもないようであり。

まあ、別にね、いいんですけど。

怪しい点はですね、話す時にお互い耳元で喋ったりするわけですよ。
満員電車なのでまあいいんですがね。

で、揺れるたびにつり革の腕を触れ合わせたり、頬同士がぶつかったり。

で、我々が降りる時には、男性はつり革ではなくてつり革をもつ女性の二の腕に手をかけていたのですよ。

ちょっと寒いぼ状態でしたな。。。

今まで私が出会ってきた怪しい人たちは、
ニオイこそ臭いかもしれなかったが、
態度は爽やかだった。

彼らは清潔で本当のニオイはなかったけど、
もうれつにクサいカップルだった。夫婦じゃないね。

もし、もしですよ。あなたのパートナーが
若い子といちゃいちゃしてるのを目撃しちゃったらどうします?

おおお。さむ。さむーーーー。
きもちわる。
2007.06.0811:21

パリへ いってまいりました。


東京藝術大学創立120周年企画
パリへ―洋画家たち百年の夢
~黒田清輝、藤島武二、藤田嗣治から現代まで~


文句なく良かったです。

近代の画家の油絵その他を間近、
数センチまで顔を寄せて
とっくり見てしまいました。

黒田清輝の絵はどこか涼しげで、爽やかな気分になります。
梅原龍三郎は激しく、佐伯祐三はバタ臭い。
パリへ行って修行した画家たちがそれぞれ違う雰囲気をもっている
のが面白い。

しかしながら、皆自意識過ぎみ?自画像とか、
いいんだけど、ちょっとね。。
特別階級のボンボンだったろうなあと想像。
佐伯祐三は、自分の描きたいものが日本にないからと、
病気の体をおしてフランスに舞い戻り、そこでなくなったらしい。享年三十歳。
うーむ。彼の絵は好きだけど、友達にはなれなかったと思うな。

明治時代に留学生としてパリに渡った画家たちは、
海外の名画を模写して帰国することが義務づけられていた
ということで、ミレーの落穂拾いやレンブラントの模写があり
ました。

大島和代さんの「138のくるみの赤ちゃん」
という直径が数センチの立体の作品は、
なにか女性に訴えかけるものがあり、
オバサンもおねいさんも釘づけ。
もちろん私も覗き込んだまま、うごけなくなった。
小さな胡桃の中に寝ている赤ちゃんの表情が
一つ一つちがうのでありまして、全部見るのに時間がかかった。
ちなみに、この作者の作品は
ミュージアムショップで、1体数万円で売っていた。
一体でも本物を買えたら嬉しいだろうなあと思いましたが、
サイフは空でした


さすが芸術大学ですなー。一つのキップでもう一つ見ることができました。
「新入生歓迎・春の名品選」

こっちも良かった。

こちらはこちらでいろいろとあったのですが、
説明は省略。

一緒に行ったお友達が、獅子吼 高村光太郎 (1883-1956)を指差して、
「ねえねえ、piraさん。これ、誰かに似てるか当ててごらん。」
という。
うーーんだれだろう、でもこのポーズどこかでみたことがある。


で、答えはイチロー。確かにね。
実物はとても存在感があり、
写真でみるとオーラが消えて見える。なぜだろうか。

それと、その友達が気に入っていたのは。
茄子水滴 平田宗幸 (1851-1920)

みずみずしい茄子。さすが水滴にぴったり。

わたしがすきだったのは、つるされた猫 朝倉文夫 (1883-1964)


ああ、ブログじゃ説明できないなってか、言葉にすると
どうもいけない。名品展はまたやるんじゃないかなあ。


図録とかカタログじゃ、オーラというかパワーがかける気がして、
今月はカナリ頑張っていろいろ出かけてしまった。

時間と元気があるうちに、実物をとっくりみる機会が必要だなあと
行くたびに強く思ったからでした。

これって、演劇とか音楽コンサート、スポーツ観戦と同じかな、と。
生でみるのとテレビ画面でみるのとじゃチガウもんね。。。。

でも、しばらくはまた静かにしている。。。つもり。。。
2007.06.0521:15

この車の名前はなんでしょう。

ph_cm1801.jpg


山間地や休耕田もバリバリ。そして公道もはしれちゃう乗用草刈機。
キミものってみないかい?


彼の名は・・・・

続きを読む

2007.06.0409:10

ルームコロン作り講習会

近所のオクサマが、日ごろの勉強の発表会をかねて
アロマのルームコロン作りの講習会を開いてくれました。

今回のテーマは、梅雨に向かって「カビ防止」です。

最初の三十分間はアロマ精油の基本のレクチャー。
いろんな抽出方法があるようですが、ここのサイトに
詳しく書いてありました。
リンガリンガ

オクサマ、いや先生のお話によりますと、安くアロマオイルはできないということです。
作るのに手がかかっているので、安価なものは疑がわしいのです。

また溶剤抽出法で抽出されたものはabsと表示され、
それらについては、溶剤がのこっている可能性もあり、
直接肌につけたりするのは危険なんだそうです。

で、実際にオイルを混ぜて、自分好みのルームコロンをつくりました。

オイルは六種類に分類されて、それぞれ紙にかいてあります。
で、先生の指示通り4-5種類のオイルを選んでまぜました。

先生が選んだ13種類のオイルから私がえらんだのは、
パルマローザ、クラリセージ、ラベンダー、ローズウッド。

ラベンダーを強めにつくりましたの。(いきなり謎のオクサマ)
うふふ!失敗いたしますとですわね、思わぬ香り、たとえば
ソーセージ臭みたいになったことがあるんざますよ。

風呂場にしゅっ。今年は爽やか系オクサマざますーー!!
2007.06.0313:53

美術館界隈で買ったもの。

DSC02716.jpg


ガチャポン人体模型200円。男性筋肉像と、顔半分。

DSC02712_edited-1.jpg


ダイヤモンド型ペーパーウエイト。いくらだったっけな。




DSC02705_edited-1.jpg  DSC02706.jpg

チョコレート展入り口でもらったクランベリーチョコ。

DSC02714_edited-1.jpg


全員集合です。
2007.06.0122:07

六本木アート サントリー美術館 開館記念展 日本を祝う

チョコレート展のあと、目の前にそびえる東京ミッドタウンに。

空はますます暗く怪しくなってきている。

DSC02658.jpg


三つ目のサントリー美術館はこの中にあるのだ。東京ミッドタウンは、江戸時代 萩藩・毛利家跡らしく、工事にさいしての出土品達が柱のあちらこちらに展示してあるのもユニーク。

DSC02662.jpg




今まで書き忘れていたけど、モネ展では、入場者の平均年齢は、軽く50は超えていたと思う。ミドルエイジというか、映画館に常時1000円で入れる方々が集まっていたように思う。

で、21_21 DESIGN SIGHTでは、専門学校生や若い方が多く、入場者の多くは二十代、平均は30を超えるか超えないかの線だったようだ。

さて、サントリー美術館はは三階であります。
フロアーを上がるごとに、若干年齢が上がっていくように思いましたね。で、入り口。そうです。モネ展もしくは、モネ展を超えるかもしれませんなーー。さすが伝統美の展示だな。どれをとっても、生まれるよりずっと前に作られたものばかりですなーー。

ちなみにモネは、生没年 1840年~1926年。室町時代や江戸時代ってことはなく、だいぶ作品も若いわけで。
・・・ということは、作品の古さと入場者の年齢は何か相関関係が・・
いやいや。そんなことはあるまいな。

これはついでだったのですが、イヤーー良かった。
あまりこんでなかったし、じっくり見られました。

祥・花・祭・宴・調の五つのテーマで展示がされており、
蒔絵あり、屏風あり、カルタあり。
なんてったって、日本を祝うですもん。華やかでございました。
特に素晴らしかったのは、能衣装や上流階級のご婦人の腰巻などの着物です。美しい。あでやか。
刺繍がスゴイのなんのって。宝珠、小槌、分銅、筒守、七宝・・
宝づくしの吉祥模様が一面にちりばめられているのです。
螺鈿蒔絵の香合、室町時代の金屏風・・ため息がでるばかりでした。

興味あるかたは3日までなんで、慌てて行ってください。
でも週末だし、会期末だからもしかして・・混むかもしれません。

サントリー美術館の次の開館記念展は「水と生きる」で6月16日からです。

帰るころ。一階中庭のビックキャノピーから六本木ヒルズ方面を見た。
空はカナリ暗く、時折ゴロゴロいっている。
DSC02665.jpg


地下鉄乃木坂駅出口うえ。この写真を撮ったあとすぐ右端の雲から雷が落ちた。
DSC02666.jpg

2007.06.0108:38

六本木アート 21_21 DESIGN SIGHTのチョコレート展

国立新美術館の一階の野外のテラスでランチしたあと、
東京ミッドタウンへ徒歩で移動。200メートルくらいでしょうか。とても近いです。

DSC02645.jpg 
面白い乗り物発見。初めてみた私、遅れてます?
歩きたくない人は自転車タクシーらしきもの。
初乗り300円だって。


DSC02646.jpg DSC02647.jpg


例の雷雲が少しずつ接近していたんですな。
ガンガンに晴れてたんですが、時折真っ暗になります。

中はとってもおしゃれ。全体的に四角っぽくて、色調、植栽とも和風。
21_21 DESIGN SIGHTは、建物を抜け太鼓橋みたいな陸橋をぬけた
先の公園の中にありました。

DSC02657.jpg


21_21 DESIGN SIGHT
サイトをみていたら、今度の6/3(日)22:00-23:30に、
NHK教育テレビ ETV特集「三宅一生 未来のデザインを語る」
という番組をやるそうで、チェック。
21_21 DESIGN SIGHTのオープンにあたり、
三宅一生が未来のデザイン観を語るようであります。
すべてがアートだったんですなあ。

さて、チョコレート展。チョコレート好きにも、そうでない人にも
面白い展示だった・・とだけ書いておきましょう。
ネタバレは、つまらなくなっちゃうもんね。

入り口でチケットもぎの女の子から、
クランベリーチョコもらいました。美味しかったです。

♪いらっしゃいませ♪


電力使用量

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
あらたにす
 
いってみる?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ゴガクル中国語
ゴガクル英語
メール:
遊びに来てくれてありがとです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
友達んち
ちびおば師匠が作ってくれたスイッチ。





piragotenバナー: Atnet Japan!
Atnet Japan!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
  1. 無料アクセス解析