--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.3019:52

正月用の買い物

お正月食品、今年はコストコでそろえてみました。
伊達巻400g693円、栗きんとん250g569円、ニシン昆布巻き三本712円。
元旦は外出する予定なので、用意が容易ねーー。ふふふ。
Aばあじいさまありがとうございます。


あと、もう食べ始めちゃってるのですが、
ピスタチオ1.8㎏1979円、天津甘栗1.2㎏950円。

天津甘栗は中が三つの袋に分かれていたので、全部食べきれない時でも大丈夫です。

昨日から映画やチャングムを楽しんでいます。
去年は息子の受験を控えていたので、なんだかお正月らしくなかった。久しぶりにゆったりと楽しんでいるのです。
スポンサーサイト
2006.12.2822:39

母はうれしさみしなの。

殿は仕事納めして、今日から年末-お正月モード。
爪きり。ぱちん、ぱちん。

しーーーん。

で、息子達はというと・・・お友達と遊んだり、
アルバイトやらで大忙し。

洗濯機が止まると・・・

しーーーーん。

平和。


そんなわけで、夜は殿が映画会しました。

「ロードオブウォー」

げ、私が見たくないタイプの映画だから見ないもん。

息2と二人で見ればーー?

ドドどど、バババ。うっ。ノーーー。死んだな。うるさいな。

ふー。やっと終わったみたい。良かった良かった。

息1、帰宅。おおお、全員集合じゃないの。やった。にぎやかー。

さて、皆でチョコレート工場みるんでしょ。

え?疲れたから1日一つにしておく?

ナンじゃそりゃ。むきゃーー。

殿の映画会にも参加できず、

寂しい冬の1日がますます寂しいことになりました。

2006.12.2710:49

サンダー!ヨンダー!

関東地方、昨日の夜の雷はすごかったですね。

ドドーーン。ばばばば、かりかりりり。ドンッ、ドンッ。
多分近くに二発は落ちたでしょう。
夜中だったし、出かける予定もない。
だいっ嫌いな雷だけど、今日はみるっきゃないなと。

家の電気を全部落として真っ暗にしてからカーテンを全開にしました。
IKEAで買ってきたスクイージーをつかって窓拭き。

外も磨いておけばよかったとおもったけど、
バッチリよくみえるように。

窓の外には十階建てのマンションが正面に見えます。
あそこに落ちたらカッコイイのだがな・・・などと思いながら
空をみていたら・・・・・・

ごろろごろごろ・・・ぴかごろごろ・・・

キューーーン カリリッ 
ビカ!!
ドーーーーーーーーン

すごかったですよ。見事命中。そのマンションの避雷針あたりにすんごい太さの稲妻が走りました。
その稲妻は、一回地面に向かって走ったのが蛇行して避雷針にむかったので、まさに竜。

美しかったです。
2006.12.2600:04

IKEA 港北店でお買い物

我が家の息子達も大きくなり、子供の頃に買ったベッドはちょっと壊れ気味。食器も勉強机もお子様仕様だったので、そろそろ大人の雰囲気が漂う雰囲気にしたいものです。

L字になった机にコンピュータがのせてありました

そんなわけで、IKEAにいってみました。

できた直後はとても混んでいたIKEA。今日は午前中に入店しましたが、駐車場も開いていましたし、どこにでも止められる感じ。

せっかく横浜までいくので、10年会っていない小学校からの友人を誘って楽しいお買い物。お買い物のあとは、十年分のツモルはなしでお茶。



家具と食器を見に行った私が買ったもの・・は、こんなものたち。
ははは。一番安かったのはプレースマットで39円。高かったのは掛け布団枕カバーセットで2900円でした。アーー楽しかった。


デッサン人形は490円。はめている指人形は十個で690円


2006.12.2415:29

Charlie Brown Christmas Tree

しょぼくて悲しいチャーリーのクリスマスツリーの物語。

ピーナッツのアニメはどれも大好き。
でも、なんか泣きたくなるのよね。
なぜでしょう。。。。


Charlie Brown Christmas Tree


♪メリークリスマス♪ すべての人が幸せになれますように。
2006.12.2412:29

って言ってたけど…(BlogPet)

ほんとうは、gontaは
ただの灰色だった道路と金属の車の洪水がそして灰色の遠くの放置が、それぞれのライトによって、宝石のように輝きはじめます。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ダダン-パール男爵」が書きました。
2006.12.2316:35

放置期。。。点検終了。。。脱力。

点検終了です。結局・・

昨日から気合が入っていたわりには、のんきだった。

毎年間に合わないのに、はーーー。

昨日の夜は、ナイターテニス。で、帰ってきたのが十一時くらいだったので、まあ、明日7時に起きれば何とかなるだろう、と。

ご想像通りです。寝坊しました。


ぁぁあああああ。8時10分?時計壊れてないよね。
点検くるの9時だったよね?

息子ーーー息子ーーー知らない人がくるんだよ。見られてしまうよ。
緊急事態だよーー。

慌てておきて布団をたたむ。しかし、いつものようにいい加減に押入れに押し込んではいけないのだ。なんといっても、押入れも点検するのだからして。
角をそろえてね。ホー綺麗綺麗にたためたね。はい、押入れにいれましょ。床掃除ですね。ホコリがみえなきゃいいですよね。終了。案外楽勝であった。ぶははは。なぜかって?殿に頼んだからです。

問題は台所だ。掃除を始めるとなぜか次から次へと汚れが見えてくる。
この間、テレビで天井からとか言ってたけど、そんなことは言ってはいられない。朝ごはんを食べながら掃除もしなければならないのだ。

寝坊が痛い。痛すぎる。

仕方がないのでパンをほおばって、コーヒーメーカーを使いながら
床掃除を始める。
しかし、床ってさ、こすればこするほど汚れが目立ってくるのね。なぜだ。綺麗になってるはずなのに。おかしい。目の錯覚か。

床を磨いた後、引き出しを拭いて、シンクをみがいた。

さあ、次は居間に掃除機を、とおもったとたん。

 ピンポーン

終了です。

やっぱりね。さすがだね。

結局、完璧に不完全。放置期になってしまいました。

点検のお兄さんが去った後、むなしく掃除の続きをしたpira。

はははっははははははっは。

2006.12.2210:38

明日は恐怖の火災報知器検査

困ったことになった。

とうとうこの日になってしまった。火災報知器検査。

我が家の報知器は、ご丁寧なことに、すべてのクローゼットと

押入れにも、モレナクついているのだ。

だから、見せたくないものを押入れに隠したり

クローゼットにしまったりすることは不可能。

しかも、すっと開いて、探知機にコップがついてるみたいな棒を

サッとアテガエルくらいのスペースは必要なのだ。

ベランダ点検もある。たとえば、鉢が無造作においてあったとする。

それが、上のベランダの脱出口の下だったりしてはいけないのだ。

ああああ、苦しい。苦しい。どこから手をてをつけたらいいのか、

皆目分からないいいい。カミサマ、私に整理整頓の知恵を授けてください。

毎年、この時期になると、良く使うものに限って、行方不明に。

たぶん、妙なところに仕舞っているのでしょう。

ああああ、点検が怖い。点検後も怖いーー。

2006.12.2111:39

英語クラブのエッセイ集

とうとうできた。嬉しいな。
英語クラブの先生!ありがとうございます。本当に嬉しいのです。
自分の苦労してつくった英作文が入った冊子。
そして、お友達の英作文が入った冊子。
これからしばらく、これがが英語クラブの教科書になります。

楽しい英語クラブでは、毎年夏休みに作文の宿題がでます。
そして、それを先生が全員分チェックして、さらにネイティブの先生にチェックしてもらって、冬になると立派な冊子になります。
先生のご主人や息子さんも総動員して、印刷したり綴じたりしてくださっているとのことです。
表紙と裏表紙には先生のカラーイラストが入っています。
今年の表紙は友人の家からみた風景からアイディアがうかんだそうで、
毎年イラストもとっても楽しみにしています。

☆☆☆  ☆☆☆  ☆☆☆  

私は夏に一晩受け入れた中国留学生のはなしを作文にしました。
昨日はお友達の作文を題材に授業がありました。そのときの風景が手に取るように分かりました。このクラブに来ている方のものだけなのに、笑いあり涙ありでバラエティーに富んでいます。

それぞれ一所懸命生きてるんだなあ。英作文だと気持ちも欧米化するんでしょうか、とってもオープンに自分の気持ちが書ける気がします。
2006.12.2009:36

そういった感覚が大事なのかもしれないな。

昨日は職場の若い衆らが主催する忘年会に参加した。

年寄りも呼んでもらった。

色々あったけど、とても楽しい会であった。


飲み会なんて若い気の合う友達同士だけでやったほうが楽しいに決まっているのだ。

でも職場の全員に声をかけてくれた。


ちょっとうるさ型の年寄りが帰った後にも

若い衆たちは、酒の勢いで悪口を言ったりしなかった。

「おりゃあ、こそこそしたいじめみたいなのが嫌なんだ。」

みたいなことはちらっと言ってたな。

それが、この若い子たちが持っている
ある種の良い雰囲気の元になっているのかもしれないな。

職場では気持ちのすれ違いや、年代の差によるギャップとか、
嫌な事とか沢山あるのだ。友達同士でぼやくことも沢山あると思う。

けど、若い衆たちは努力してるな、

嫌な奴や、こんなオバンを仲間はずれにしないで、

優しいなと嬉しくなった夜でした。


いじめってさ、こういう感覚をみんなが持ってたら

なくなるよね。



私は見習わなければならない。うん。


2006.12.1800:29

坂東玉三郎

美しいものをみたい。美しい舞台をみたい。。。女形の写真を。。

そんな気持ちで、坂東玉三郎さんのホームページにいってみた。

ギャラリー・・ほー美しい。この人の出る舞台にはいつか必ず行かねば。

「私の考え」というパートには、演技 歌舞伎 女形 対談 エッセイ が書かれていて、一つ一つ読んでいたら今の時間になってしまった。それぞれ面白かったけど、なかでもエッセーは、だいぶ前にかかれたものだったけれど舞台から離れた玉三郎さんの様子が見えるようで興味深い。

すべてのパートが思いのほか充実していた。

思わず引き込まれてしまった。

Tamasaburo Bando Official Site



2006.12.1622:08

半蔵門で、きみとアフタヌーンティー♪ グランドアーク半蔵門

国立劇場で忠臣蔵を堪能し、次に向かった先は



グランドアーク半蔵門の四階 ラ メール
豪華ーー

軽めのお食事に、お茶とお菓子をセットにいたしました。午後のひととき、皇居の緑を眺めながら、ゆったり気分のティータイムをお楽しみください。抹茶と和菓子もお選びいただけます。

メニューの一例
・サンドウィッチ ・和菓子またはケーキ ・フルーツ ・抹茶またはコーヒー、紅茶
※紅茶はダージリン・アッサム・アールグレーからお選びください。
お1人様 1,260円



お抹茶と和菓子のセットか、紅茶とケーキのセットか選べるんですう。
美味しい、楽しい、美味しい、楽しい。

観劇+アフタヌーンティー+michakoさん=豪華絢爛横綱三点セットですわ!

沢山おしゃべりをしていたら、だんだんと窓の外が暗くなってきました。皇居の森が緑から黒っぽい闇へ。ただの灰色だった道路と金属の車の洪水がそして灰色の遠くのビルが、それぞれのライトによって、宝石のように輝きはじめます。

「あ、ピラさん、電気がついた。」
「ホントダー」なんて喜んでいたら、
テーブルに赤いオイルキャンドルが運ばれてきて、火がつきました。

ふーー。ステキ。
しかし、頭によぎったのは、家のこと。
こんなに暗くて大丈夫かしら。
だれかからメールがとどいてたりして。
ごそごそとバックを探る二人。

あら、まだ五時なのね。嬉しい!!!
日没時間が五時前でよかった。冬っていいッ!!

一階には大きなツリーがかざってありました。
ツリーのふもとにはくまちゃん。
くまちゃん



今度は私、川平さんのに行きたいです!
この間の、やっぱり強引に時間を作ってでも行くべきだったなあ。
michakoさんが演劇ファンとブログで交流している気持ちすごくわかりました。感動を共有したいというか。
それに、感じ方もそれぞれちがうみたいだから面白い。

近所でも色々あるみたいだし、これからは要チェックです。
あ、要チェックといえば、お誕生月のお客様に「ご利用料金20%割引サービス」と「お好きなワンドリンク」をプレゼントいたします。同伴者の方も対象となります(10名様まで)。ですって。私、対象者だったのよーー。なんてことでしょう。かなすいいいい。
もう一度行かなくてはです。殿と。

続きを読む

2006.12.1612:23

銀とクリスタルガラスとの閃光(BlogPet)

そういえば、gontaが
銀とクリスタルガラスとの閃光(せんこう)のアルペジオは確かにそういう管弦楽の一部員の半蔵門をつとめるものであろう。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ダダン-パール男爵」が書きました。
2006.12.1521:15

半蔵門で、きみと拍手

とうとう、あのお方と観劇することができた。ひでき観劇ーー。

今日、国立劇場でmichakoさんと12月歌舞伎公演「元禄忠臣蔵〈第三部〉」を見ました。
国立劇場の歌舞伎は2006年03月に當世流小栗判官一部をみて、その後二部を息子と一緒に行って以来だけれど、一年間の間に三回行ったのですねえ。

月代わりの大石内蔵助、12月は松本幸四郎様。演技、なかなか渋かったです。忠臣蔵の年表をもらって帰ってきたのですが、大石内蔵助って切腹時は44歳だったの。おじいさんじゃないのね。

元禄忠臣蔵〈第三部)は、終始静かなのです。静かで感動的な演技の途中、わたくしもたまに静かになって船を漕ぎ、思考もとだえてしまいました。良くあの、長いせりふを覚えていられますね。演技が本当に気持ちよかったです。私の様子、舞台の役者の演技と共に、michakoさまにはしっかり見られていたようです。

最後、赤穂浪士が白装束で花道を歩きます。静かに。覚悟を決めて。悲しい悲しい行列でした。

今日は3列9番よーー。

2006.12.1419:54

ねぎゲット。おばんはいなかった。


先週の木曜日の様子-木曜日は地場野菜。-  の続きです。

今日はかなり気合を入れて地場野菜売り場にいった。

自転車をこぎながら、遠目でじーーっと、この間ねぎがあった棚を見つめる。

おおおお、なにか、緑の長細いものが見えるぞ。

やったーーーー。勝ったどーーー。
(というか、ねぎオバンは今日はいませんでした。)

ねぎ、5本200円也。スーパーと比べると、お高いですかね。どうかな。

しかし、重さがちがうのである。一本で四本分は楽しめる太さだ。

今日は味噌をも買う予定でもいた。味噌は360円。ねぎは200円。お味噌お安いじゃない?うふふ。

DSC02091.jpg


☆☆☆  ☆☆☆  ☆☆☆ 

 
さて、会計をしようとサイフをみたら、全部で558円

し、しまった!!!なんということだろう。今日もまた充填してくるのを忘れた。

ということは・・・・・・・二円たりない・・・・。お安いではない。
二円もお高いのねーーー。

 ○っそーーーーーうううううううう!!!!!!! 

ねぎ勝負に勝ったと思っていたが、ぬか喜びだったのか。。。。


レジのお兄さんに色目を使ったが、二円タリともまけられないらしい。

私だったら自分のサイフから二円だして、大いに恩も売るのだがな。

しかたがない。ねぎだけにするか。いや、味噌だけにするか。

うううううう。うううう。

そ、そうだ、私はだらしがない人だった。サイフから転がり出たお金が
二円くらいはカバンの底にころがっているかもしれないではないか。

そして、自転車のかごのあたりで、カバンをゴソゴソあさる。

あった。あったーーーーー。じゅう、十円があったああああ。

お兄さんひとごとのように、「良かったですねーー。」
まあ、ひとごとですよね。

ああ、良かった良かった。
しかし、二円を渋った君は、私にはあまりよい印象はないのだよ。
私が10円をほじくりだすのを眺めている君。恩を売った方がよかったと、私は思うよ。

かくして、私は新鮮なねぎ5本と味噌を両方ともゲット。

ねぎ勝負だけでなく味噌勝負にも勝ったし、十円がでてきたりして。

はーー今日はとっても良い一日でした。
2006.12.1400:11

のだめをデジカメで撮ってみた。

録画した画像をカメラでとって、縮小してみた。

おそれおののく、千秋。
飛行機搭乗前、恐れおののく千秋


千秋いらっしゃーーい。
千秋、いらっしゃい。


みねくん。
20061214000604.jpg


カメラで撮った画像そのものは荒く汚いんだけど、
縮小するとアラが目立たない気がします。
2006.12.1200:20

コーヒー哲学序説   寺田寅彦

家で美味しいコーヒーを入れる。良い香りが部屋いっぱいに広がる幸せ。

高級なお菓子と紅茶を飲む。ダージリンの香り。安らぐ気持ち・・。

でも・・・。どこか華やかさと緊張感がたりないというか、喫茶店の味と、なにかが違うような・・。寅彦もコーヒー哲学序説のなかで同じことを書いていました。


コーヒー哲学序説

・・・・・しかし自分がコーヒーを飲むのは、どうもコーヒーを飲むためにコーヒーを飲むのではないように思われる。宅(うち)の台所で骨を折ってせいぜいうまく出したコーヒーを、引き散らかした居間の書卓の上で味わうのではどうも何か物足りなくて、コーヒーを飲んだ気になりかねる。やはり人造でもマーブルか、乳色ガラスのテーブルの上に銀器が光っていて、一輪のカーネーションでもにおっていて、そうしてビュッフェにも銀とガラスが星空のようにきらめき、夏なら電扇が頭上にうなり、冬ならストーヴがほのかにほてっていなければ正常のコーヒーの味は出ないものらしい。コーヒーの味はコーヒーによって呼び出される幻想曲の味であって、それを呼び出すためにはやはり適当な伴奏もしくは前奏が必要であるらしい。銀とクリスタルガラスとの閃光(せんこう)のアルペジオは確かにそういう管弦楽の一部員の役目をつとめるものであろう。・・・・・・




あのドキドキするような華やかな風味をひきだすためには、
それなりの、適当な、前奏と、相応しい舞台が必要なのです。
2006.12.1123:53

むのたけじさん

いくつかのMLに登録していますが、最近来たメールの中に載っていた
むのたけじさんの言葉がこころから離れません。


「小石をいくら集めても、岩にはならない。岩はい
くら大きくても、山ではない。経験をいくら積んで
も、それを総括して体系だてないと力にはならない。
知識のこまぎれをいくら集めても判断は生まれない」
       ―詞集「たいまつ」むのたけじ―



むのさんは現在91歳らしい。
wikiになかったので引用ができないのですが、
今でも子供の教育のこととか反戦のこととかで
精力的に活動なさっているようです。

グーグルで調べたらなかなか面白かったです。

☆☆☆  ☆☆☆  ☆☆☆  ☆☆☆  

私は、むのさんのことを書いたブログとか記事を読んでいるうちに、
いろいろなことがいっぺんに思い出されて胸がいっぱいになりました。

戦争を起さないためにはどうしたらいいのでしょうか。

最近の映画を見ていると、戦争体験を美化しているような気がして怖い。
あっという間に悲惨な地獄を作るのが戦争だ。

日本は平和だというけど本当なのかな。
だれかがミサイルを撃ち込んだら、どうなるの?

グーグルアースでイラクをみたら、高速道路に車が走っていた。
なんだ、日本と同じじゃないの。

日本ってなんだろう。世界ってなんだろう。
地球って一つじゃない?

こうしている中でも戦争の中でおびえている家族がいるの。

世界中のどこにも戦争はいらない。

戦争になるくらいだったら愛国心なんて要らないと思うの。







2006.12.1022:10

散歩 Lumix君と一緒。

 
カメラを持って昼に外を歩いてみました。
黄色のもみじ
20061210212145.jpg
はだかで寒そう。

20061210212232.jpg

 


20061210212309.jpg
16:9で撮ってみたところ。面白い。

このカメラは、広い場所が得意。景色がファインダーにガンガン入ってきて楽しいです。

逆に、花や蝶の写真をとったりすることを考えている人は購入は止めた方がよいと思います。日陰の山茶花を何枚かとりましたが、20センチでも認識できずぼやけて写真になりません。水の写真は撮れるのに、なぜか花にはピントを合わせることができません。色が均一なのが駄目なのでしょうか。
おしべにオートフォーカスエリアを合わせても無理でした。
どうしてもリコーのcaplioと比べてしまい、イライラ。今日の昼は天気が良かったにもかかわらず、花の写真が一枚もウマく撮れないのです。色は綺麗に出るのになあ。うーーむ。
2006.12.0913:40

ついに買ったぞ、Lumix DMC-FX07

もうずっと前からカメラが欲しかったのです。

で、息2の修学旅行ということでついに買いました。

Panasonic Lumix DMC-FX07の黒。

浜崎あゆみが宣伝しているカメラです。

レンズのところにLeicaの文字。なんかそれだけでも無茶嬉しい。

カメラレンズはやっぱりカメラ屋という気がしていたから、それだけでずいぶんポイントアップですね。

まだ、ほとんど触っていないのでなんともいえないのだけど、

720万画素、広角28㎜だそうで、こんなちっちゃな体で良くがんばっているなと思う。

息子の撮って来た旅行写真には広々とした景色と、元気な友達との音声付ショット、ちょっとしたムービー画像もあったので、旅行にはもってこいのカメラだと思う。

逆光補正がウマくできていないので、もう少し研究する必要がありそう。

あと、バイト先のRicoh Caplio シリーズと比べると、色が綺麗かもしれない。同じ時期のものと比べないと意味がないかもしれないので、単純には比較できないけど、噂どうり、Ricohは画像が冷たい色というか、青が少しだけ強い。(息1が昔いってたんですけど、人間の目は実際の色より少し赤が強いほうが、綺麗に見える・・・らしい。特に肌。Ricohのほうが忠実に再現しているのかな。写す方としたら、忠実よりも、綺麗に見える写真が嬉しいものですからなあ。)

ただ、接写の面ではRicohが断然良い。というか比べられないぐらいRicohがよい。Lumixは五センチまで寄れると書いてあるが、五センチであわせようとすると、一生懸命考えて、ピントが合うまでにすごく時間がかかる。Ricohは、一センチでもあっさりピントが合う。

fujiは夜景に強いらしい。しかしLumixは普通です。

なぜFujiにしなかったかというと、液晶画面がLumixのほうが見やすくて綺麗だったから。

LumixF07の黒。ボディーはちょこっとレトロな感じ。
アーー嬉しいな。どんな写真を撮ろうかなあ。
2006.12.0912:03

似たような(BlogPet)

昨日、gontaが


似たような、明らかにあまり有名じゃない木曜日の人と
ランキングで一緒に並ぶというのもなんか妙に嬉しい。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ダダン-パール男爵」が書きました。
2006.12.0720:56

木曜日は地場野菜。

水曜日はテニスの日なら、木曜日は地場野菜の日

今年の春あたりから、体がそうなってしまった。

野菜を買わずにはいられないのだ

木曜の朝になると、地場野菜のことで頭がいっぱいなのであります

実は、今週は月曜日になんとなく野菜を買ってしまったのだ。

安かったからかなり買い込んでいたのだが、

やっぱり我慢できなかった。

さあ、今日は寒いですけどね。チャリに乗りましょう。

うふううう。さぶううう。るんるんるん。ちりんちりん


あれ

あれれれ





ああああああ。あのオバン、ねぎを、ねぎをあんなに箱に詰めている



私のねぎは?





ない。ないーーーーー。


かなりショックだった。しかし、こんなことでへこたれてはいけない。

残り二個になっていたキャベツを掴む。

「お客さん、かご、かごがあるといいですよ。」

分かっています。でも、もう止まらないんです。

右手でキャベツ、左手が白菜を掴んでヨタヨタ歩く。

脳内で「piraさん、ハモノが重なってますよ。結構重いと思いますよ。」

なんて、警告が点滅しているのだ。

確かに、両手にかなり重いものをわしづかみにするなんて、どうかしている。

お財布をどうやって出すつもりだ、躓いたらどうするんだーーpira。

わしづかみのまま、かごのところまで行く。よろよろよろ。

握力があああ、握力が。

でも、頑張ってなんとか間に合った。手が痛い。

どす、どす。白菜とキャベツをかごに入れたとたん、

「キャベツ完売でーーす。ありがとうございました。」の声が。

ああ。私は勝ったのね。掴んだ甲斐があるってもんだ。

しかし、まだ私の目は、地元で作っている味噌を見ている。

ああああ、味噌は重いよ、次回にしようよ、と脳内が言っている。

しかし、物欲というものは怖い。かごに味噌をいれた。

その次に聖護院大根だ、にんじんだと、またしても妙に重いものを入れた。

この間の図書館でちぎれそうだった手が、今日もまた、ちぎれそうだった


地場野菜の木曜が終わった。体力との勝負。


来週はねぎ勝負、負けませんわよ。ほほほほほほーーー。





2006.12.0621:35

お互いにゆずりあって気持ちよくやろうじゃないか。

水曜日はテニスの日であります。

市のコートは大抵の場合、予約時間終了五分前には準備が整って、

次の人は予約開始の時間にはテニスコートに入ってすぐに利用できるしくみだ。

今日の、私達の前にプレーしていた大学生たちは駄目駄目集団だった。

管理人の叔父さんが何度も声をかけたけど

時間きっちりまで遊んでからチンタラ片づけをしていた。

数分過ぎてやっと終わった。

彼らは私達にひとことも言わずに立ち去った。

我々が荷物をベンチに置けたのは五分後。

たった五分のことだったけど、とっても嫌な気分だった。

楽しくってテニスが長引いちゃったのは仕方がない、あきらめましょう。
でも、時間を守れずに挨拶もできない奴らは、きっとウマくなれないぞ。

ブラシ


☆☆☆   ☆☆☆   ☆☆☆   

私もおしゃべりに夢中になって、どこかでそんな無礼をしているのではないか・・・

ちょっと気をつけねばと思った。




2006.12.0523:45

いちじく

11月14日朝九時半のイチジク。携帯のカメラ画像に残っていたもの。
みえるかないちじくが



こんなに空が青かったのね。
いつの間にやら寒く暗くなってしまいましたねえ。
この日はぽかぽかとあたたかかったです。

イチジクーー


こんど同じ道を通った時、もう一度同じ角度で写真を撮ってみます。
空の色はどんなでしょうか。イチジクはどうなったでしょうか。
鳥にたべられてないといいんだけど。
2006.12.0419:41

お昼休みはランチタイム

友人ひがしさんと月曜日にお昼を食べるのが、
最近の楽しみになっています。

同僚のすずちゃんとも食べたいけど、
忙しいお方なのでナカナカ。
それに今日すずちゃんはお熱でお休みだったし、
大抵は二人でたべているのです。


今日ひがしさんたら思ったものと違うスパゲティーを頼んでしまったらしく、あれーーとかいって、一人でケラケラ笑っていました。

私は最初、何がおかしいのか分からなかったんだけど、つられて
笑ってしまった。

ちなみに、私は毎回ハヤシライスセット。
またハヤシライスなの??とすごく不思議そうな目でこちらを見る。

いろんなはなしをします。
楽しい事ばかりではない毎日だけれど、
お昼は学生気分でおしゃべりします。

なんだかほっとする昼休み。

不思議な人です。外からは見えないけど、
体の中に好奇心がいっぱいつまっているのです。

じつは、すずちゃんもそんな人なのです。
早くお熱を直して、一緒にお昼を食べましょう。
すずちゃんファイト!
2006.12.0323:59

未病医学のススメ

久しぶりに図書館に行ってみました。
借りるつもりはなかったんですけど、
やっぱり借りてしまって、帰りは野菜やら牛乳やらと一緒に
十冊の本も抱えて、手がもげそうになってしまいました。

そのうちの一冊がこれ。

20061203233820.jpg


未病医学のススメ―ストレス社会だからこそ中医学が新しい

内容(「BOOK」データベースより)
現代人の心と身体を癒す初の本格的「未病医学」ガイド。「八方美人は病気になりやすい!?」未病医学によるストレス対処法。「顔は内臓の鏡!」にきび、しみの位置でわかる内臓の未病セルフチェック。体を温める食べ物、冷やす食べ物一覧。中医学の栄養学「医食同源」は難しくない!自分に合った漢方薬と健康食品の見つけ方!「医(癒)・食(薬膳)・薬(漢方薬)」症状別アドバイス。

内容(「MARC」データベースより)
いわゆる西洋医学では病気だと認知されない、病魔が体に忍びよっている状態「未病」。体の出すサインを見逃すことなく、健康なままでいるために役立つ料理、ツボ、漢方薬を症状別に紹介する。〈ソフトカバー〉



一昨年辺りから気になっている中国医学-中医。西洋医学の、病気になってからの対症療法に比べると、中医は病気の予防が得意なのではないかと思われます。
女性の冷えやら、中年以降の女性の更年期障害など、食事やツボなどでだいぶ症状も改善するし、病気ではないけど辛いときなど、どうすればよいのか、何を食べると楽になるのかが、中国医学の本には書いてあるのです。
図書館に行くたびに、薬膳やらツボやら、そんな本ばかり借りてきていますが、もう買ったほうが良いかもなー。
本多勝一著はるかなる東洋医学へは図書館で読んできました。本多さんのルポルタージュは小学校の頃にはまって良く読みました。懐かしかったな。良かったです。やっぱり。
2006.12.0217:55

今年の年末からチャンぐむ?それとも、来年ちゃんぐってみる?

やった。ブログにかくのは明日にしようと思ったけど、もう我慢できない!!

チャングム完全字幕版が来年1月12日から始まるのだ。

http://www3.nhk.or.jp/kaigai/gtv/chikai/index.html

宮廷女官チャングムの誓い完全版 2007年1月12日から。
BS2 毎週金曜 午後7:45~

けなげなチャングムの子ども時代をまるごと見たい!韓国の国民的女優イ・ヨンエさんの声をそのまま聞きたい!たくさんの皆様からいただいたご要望にお応えして、ついにノーカット字幕版が登場!

スペシャル12/23夜11:25-0:10

総集編12/29、12/30

2006.12.0201:06

クリスマスイルミネーション

多摩センターのクリスマスのイルミネーション。
並木は金

町は並


なぜかウキウキする。今年はマンション建設ラッシュがあったためか、
街中に人が多い気がする。スタバにもマックにも人がたくさん。
週末は駐車場がいっぱいになる。光に集まってくるのだなあ。虫?か?
来週は電気屋さんがオープンする。来週末は車は危険ですよーー。渋滞しそうな予感・・。
2006.12.0114:44

おでん界の腐敗(BlogPet)

ほんとうは、gontaは
夕刊第二頁をあけると、そこには、おでん界の腐敗、校長の涜職(とくしょく)事件や東京市会と某会社をめぐる疑獄に関する記事とが満載されている。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ダダン-パール男爵」が書きました。
♪いらっしゃいませ♪


電力使用量

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
あらたにす
 
いってみる?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ゴガクル中国語
ゴガクル英語
メール:
遊びに来てくれてありがとです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
友達んち
ちびおば師匠が作ってくれたスイッチ。





piragotenバナー: Atnet Japan!
Atnet Japan!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。