--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.3112:02

最高にステキな本:ホリス・ウッズの絵 

11歳の可愛い小さな芸術家ホリスが主人公の児童文学ですが、
大人が読んでも感動しました。

あとがきに、こう書いてありました。

「教師として、ホリスのように困難を背負った子どもをふくめ、
たくさんの子どもたちに接したギフさんは、彼らの不安や悲しみを
理解し勇気づける母親の役割を、作家として担おうとしているのです。
彼女はいいます。「戸口に立って、「勇気を出して。あなたはひとりぼっちじゃないのよ。」って手をふる、彼らのお母さんになりたいの。」



ホリス・ウッズの絵


レビュー
内容(「MARC」データベースより)
ホリスは生後1時間で捨てられた女の子。11歳の今も、里親のもとを転々としている。絵を描く才能に恵まれながらも、社会の隙間に落ちこんだ少女の孤独と、幸福への願望を描く。ニューベリー・オナー賞受賞作。

ホリス・ウッズの絵

↑もっと詳しく見たい人はクリックしてみてね。

続きを読む

スポンサーサイト
2006.03.3009:34

日本ってまだ国連の敵なのですか?

昨日の英語の収穫。和製英語だけではなかったのだ。
初めて読む人は↑もどうぞ。

続きを読む

2006.03.2915:32

reformから始まる、和製英語の世界。

Big off以来の衝撃事実。
↑はじめての方はこちらもどうぞ。

続きを読む

2006.03.2822:36

2006 ニセコアンヌプリスキー旅行記 6の巻

旅行最終日 3月24日 朝食バイキング--チェックアウト--スキー--ちょっとお茶休憩--スキー--昼食カツカレー--ニセコよさらば。--forest276--新千歳空港--羽田--家

さあ、最終バイキングだ。おもいっきり、いつもの、いきましょう。
しかし、なんだかそわそわしてお腹にはいらない。そうなんです。たべたらすぐにチェックアウトしないといけない。本来チェックアウトは11時なんですけど、スキーしますからね、なんてったって、全山二日券を買ってますから。

窓のそとはふぶきでよく見えないんです。でもユックリしてられません。最終日ですからね。
チェックアウトの準備は思いのほかかかってしまって、スキーウエアの中は汗だくだく。でも頑張らないと。
廊下にちょろっとでてみるとおばちゃんがもう、掃除用具一式ガラガラに積んで、やる気満々でまっていたではないの。目が合ったが最後「ありがとうございます。」なんていわれちゃあ、さっさと出ざるを得ません。

よたよたとフロントに歩いていく。チェックアウト。そして、荷物を更衣室の横のところに預けてスキーです。殿が、息子の上達した姿をビデオでとろうとしてますが、なにしろ、ふぶいてますから。
でも、昼近くになったら晴れましたよ。ビデオとりました。
吹雪がやんでからお茶しました。
ナンデやねん。ふぶいてるときに休めばいいのに。

初登場piraです。


お茶をしたのはこの、ぱらだいすヒュッテ。
息1・2はツララとりに興じ、ひさしの下にはいり叱られました。
雪とツララがおっこってきたらどうすんねん、ってことです。

昼はいつものバイキングのところでカツカレー。

その後、すぐにバスで出発。イケ面ホテルマンさん、お姉さま手をふって送ってくれたのよね。手を振り返さないといけないかしら。
一生懸命振ってくれている。ちょっと振ろうかな。でも。でもーー。
はずいーーーーー。こんなときにボンちゃんがいてくれたら。幼稚園児がいてくれたら、その手をつかんで強引にバイバーーイっていったのになあ。

トイレ休憩は、きのこ王国ーーと思いきや、隣に馬鹿でかいログハウスがあり、そこで休憩となる。トイレに自動演奏ピアノ。しかも、女子トイレの中にミーティングルームみたいな机と椅子のスペースがある。壁も床も大理石っぽい。あとで見たら一億円トイレだって。ふーーん。

新千歳空港着。すごいお土産王国だ!!!試食スペースがすごいすごい。チーズケーキが美味しかったので出発ちかくなったら買おうねといって後回しにした。しかし、これは後から後悔した。買うの忘れてしまったのだ。夕食は海鮮丼。生きたえびが丼にのっていたので、死ぬかと思いました。しかし、ヒーヒー騒いだ私は生き延びて、偉そうにひげを動かしていたえびが食われて死んでしまいました。

飛行機。そうなんです。またしても地獄です。
怖いときは殿の袖をつかむ予定だったのですが、
ふわりとしたとき、なんということか、
私はあと少しで前に座っていた親父さんのディップがついた頭を
グイッと鷲掴みするところでした。冷や汗のあとに
別の汗がだらーーり。心臓ばくばくが、ばくばくばくばく。
あぶないあぶない。タダでさえ心拍数が多いのに、こんなことで
親父さんに叱られて、しかも手にディップがついたら、
血圧が1000ぐらいになって死んでしまうでないかい。

降りるときは「お絵かきキング」をやってしのぎました。
全然怖くなかったです。さいしょっからお絵かきキングすればよかった。バカですね。バカですね。

羽田についたら夜10時すぎ。電車で帰ろうか迷ったんですけど、
40分位まってエアポートシャトルバスで帰りました。

旅行記、終わりです。生還しました。
皆さんご清聴?ありがとうございました!
2006.03.2721:57

2006 ニセコスキー旅行 5の巻

第三日目 3月23日 朝食バイキング--スキー--昼食--スキー--夕食中華料理--温泉--就寝

いつものバイキング。どこに何がおいてあるか分かるようになった。
ヨーグルトは種菌をつかってつくったケフィアヨーグルトだとおもう。
ブルーベリーソースをかけて食べる。スクランブルエッグは
味が薄いので、ケチャップをかけて完成ってかんじ。

三日目は奮発して、全山二日のリフト券にする。これだとリフトだけでなくて、ゴンドラも、なんと温泉めぐりバスものれるのだ。
(でもバスには乗らなかった。)
ニセコアンヌプリ山には4つのスキー場があるようで、上のほうで合体している。ニセコは、ふぶいていなければゴンドラとリフトを乗り継いで、別のスキー場にいける、お得な山なのだ。
初心者もどきも殿からの二日間の特訓で、とりあえず中級者斜面もすべれるようになり三日目に全山制覇。なんか、山もでっかいけど、自分もでっかくなったような誇らしげな気分になった。

夕食は中華。ホテルの夕食はお値段がとてもアンビリーバブル。
でも殿がんばった。一同、一番お得なメニューを頼む。
息1はおかずを短時間で制覇。美味しかった。しかし、足りないようだ。
息1「ごはんおかわりできますか?」
担当員「どうぞ。」にっこり。
息1よろこんで四杯おかわり。そして、蟹スープをみて
「これおかわりできるかなあ。」

聞いてごらん?たぶん無理と思ったがそういってみた。
息子尋ねると、担当員「ちょっと聞いてまいります。」
すかさず残りの三人。「可能ならば私たちも」

すこしして、四杯分の蟹スープが。うまい。堪能した。
殿その他3名。「聞いてみるもんだねえ。」

しばらくして、杏仁豆腐。うまい。
「これはおかわりできるかなあ。」

・・・・・続く。

昨日と同じく、いこいの村へ温泉入りに。
入り口に観光バスが止まっている。まずい。人がいっぱいかな。
しかし、予想を嬉しく裏切り、
だーーれもいなかった。

露天風呂で男風呂に声をかけてみる。

実は、いつも温泉はさびしいのだ。ひとりっきりだもんね。
蓼科の秘湯にいったときなんか、温泉にでっかい蓋がしてあって、
まっぱだかで、重い蓋をはずし、一人しずかにお化けが出そうな温泉に
漬かって、また重い蓋をしめて出た。さびしいやら、詰まんないやら。

今回もひとりっきり。ちょっと悲しい。
露天風呂の男湯女湯の分け目の石が異様に低い。
ちょっと足を引っ掛ければ覗けちゃう。
「そっちいる?」「いないよーそっちは?」「いないよー」
調子こいて覗くと、女湯の倍以上の広さがあるでないかい。
むかっ。これだから温泉はいやだよ。女の人のほうが長湯なのにさ。


しーん。


そして突然、雪だまの集中砲火をあびるpira。
うおーーーーーーー。燃えるpira。
今までのさびしい温泉にさようなら。直径二十センチの雪球を
お返しにバンバン投げてやる。うおーーー。・・・・続く。


いっぱい遊んだので、ホテルに帰ったら
すぐにころっと寝た。

2006.03.2620:29

高校卒業式

長い戦いが、今日完結した。

我々夫婦が目標としていたのは息子の高校卒業だった。
卒業が決定したとき、二人で乾杯した。

息子とも、家族でまた乾杯した。

今日は息子は友達と騒いでいるはず。

私達は卒業式が終わったあと、息子を探すことなく
夫婦二人でまたしても乾杯。
渋谷の町でしっとりと喜びをかみしめた。

卒業式は○○ホール。広域通信制高校なので
全国津々浦々に同級生がいた。そして
今回一緒に卒業できるのは1286名だそうだ。

東京のホールにつどったのは、五百数十名で
全員、壇上で卒業証書を受け取った。

今回の卒業生は、満七十歳以上の卒業生が六名いて、
最高齢は83歳だそうだ。病気や仕事などさまざまな理由で
長期に高校に在籍していた卒業生は19名。
16年かけて卒業した人もいる。

感動したのは、卒業生、修了生の挨拶だった。
通信で学ぶことを選んだ人にはドラマがある。

卒業生全員に共通していることは、規定の出席日数、
レポート数、試験をクリアしたということ。
高校を卒業したいという強い意志があったこと。

卒業生の年齢も幅広く卒業後の進路はそれぞれ違う。
最高学府に進む子も多い。またすでに働いている子も多い。
孫もいるような人もいる。

席の最後部から双眼鏡で一生懸命息子を探した。
いた。元気だ。

他の卒業生をみてみる。
嬉しそうな顔が並んでいる。
良かったな。

息子だけでなく卒業生全員のこれからを心から応援しています。

おめでとうございました。


2006.03.2617:50

2006 ニセコアンヌプリスキー旅行 4の巻

旅行二日目: 朝食バイキング-スキ--昼食定食-スキー-温泉-夕食ジンギスカンバイキング

朝食のバイキングはスキーツアーにふくまれていたのだ。
息子達にはおもいっきりお腹を膨らませて欲しい。
しかし、親の思いとは裏腹に、朝の寝起きがイマイチで
食欲全開というわけにはいかなかった。

バイキングだと色々選択肢があるようで、それほどない。
いつものあれって感じで毎回ワンパターンになるのだ。
今回も同じ。サラダとパンと、おかず少々。
しかし、たらこが妙においしそう。
さすが本場である。パンとご飯を両方食べてお腹いっぱいだ。


スキーはやはりツアーにおまけでついていた八時間券。
すべりました。すべりました。
なにしろ、リフト待ち時間ゼロですから。
三時すぎには部屋にもどり、大満足。昼はホテルで定食。

夕方は近所の温泉の「ホテルニセコいこいの村」へ。日航ホテルでは割引券がもらえる。
700円が400円になるのだよ。

ここの温泉の露天風呂はとても印象深いものであった。
21日乗務員・・・の「コメント欄」にリアルタイムで感想を書きました。読んでみてください。

ジンギスカンバイキング。木々亭。名前の通り、煙がもっくもく。
どこかの子供会が大暴れ。
久しぶりに子供の姿を見た感じ。
懐かしいような、疲れるような。
味はジンギスカンですからね。力強いということです。
サンチュで肉をまいて
もりもりばくばくもりもりばくばく食べました。
うっぷ。

2006.03.2519:30

2006 ニセコアンヌプリスキー旅行 3の巻

第1日目続き: 新千歳空港-ホテル日航アンヌプリ-スキー-就寝

モヨウフグの歓迎を受け、ゲートを入ればそこは北海道。
JALツアーディスク近くでバスを待つ。オレンジのパーカーを
着ている人がツアー関係者だ。

ニセコアンヌプリ行の大型バスで、二時間以上かかるのだ。
途中、きのこ王国というところでトイレ休憩。
確かにきのこ王国であった。しかし、お昼を食べていない私達には
きのこより、地鶏の焼き鳥のほうが魅力的であった。

ホテル到着。ゲレンデの途中にあるのだ。
ラッキー。部屋で着替えたら
すぐにすべることができるのだ。
ホテルマンはなかなか感じがよろしい。
清潔感もあり、二重丸。

写真はゲレンデの様子。リフト待ちゼロ秒。
スキーヤーとボーダーが混在するが、ゲレンデが広くて
人口密度が低いので問題はない。

ゲレンデの様子です。

ひろい


気持ちいい


整備ばっちり。ただ、ゲレンデには凍った塊がところどころにあり、アイスバーンになっているところも。ニセコってパウダースノーじゃなかったのか?って残念。しかし、それは期待が大きかったからかも。本州と比べたら、断然良い雪です。
そみどみそみどみそみどみといって三台で整備している。次の日はエリーゼのためにでした

2006.03.2516:49

2006 ニセコアンヌプリスキー 2の巻

旅行1日目 自宅から新千歳まで

3月21日。朝4時半起床。

すぐにテレビをつけて目を覚まそうと頑張る。しかし
ほぼ四人とも三白眼になっている。

そりゃそうだ。まだ寝たばっかりみたいなもんだから。
小さなおにぎりを食べたり、
お茶を飲んだりしているうちに空が明るくなってる。

テレビをつけると、ちょっと気になる情報。
札幌は雨または雪、時々晴れ間、突風があり、夕方から崩れる?
なんじゃそりゃ。かなり危険ではないか。

すでに、まえの記事に書きましたが飛行機に乗ると決まった時点から
血圧が、心拍数が高めの私。ちょっとしたニュースで
胃が苦しくなる。しかし、母としての威厳は保たなければならない。
まるで、なんでもないかのごとく、はしゃいで笑顔。
べつにはしゃがなくても良いところではしゃぎ、
いつも苦虫をかんだような顔をしている母が笑顔。
後で考えると実に妙なんだが、そのときは分かってないんですね。
しかしみんな目しっかり開いてませんし、
頭眠ってますから気付かれずに済みました。

エアポートシャトルバス乗り場まではタクシーでいく。
ちょっと贅沢?いんや大人四人ですからね。バスと比べても
いい感じです。

普段、自分の荷物をちょっと持ってもらう、なんて嬉しい経験
ないですから、バスにのるまえに結構いい気分です。
それに飛行機じゃなく陸上ですから安心ですよ。

羽田はいい天気。とりあえずは、千歳のことは忘れ、
ご機嫌の羽田までの旅です。


飛行場では、モブログをしようとして、携帯でパシャパシャ。
いい気分。モブログはできましたね。
そのほかに撮った画像を・・・

続きを読む

2006.03.2515:03

2006 ニセコアンヌプリスキー旅行 1の巻

スキー旅行準備段階 ・・・数週間前から前日まで


家族スキーなんて何年振りでしょうかね。
多分、息2が保育園だったころが最後だと思われます。
スキーへいこうと決めてから数々の問題が。

1. ウエアー問題

ウエアー、下着。スキー用品。すべて何にもないもんね。
全部新品でそろえたらエライお金がかかるから、
御用達のブック○○へ。ウエアは一着4000円なり。
帽子は500円だったかな。ウエアみんな綺麗だったし、
帽子も綺麗。一応帽子は洗ったけど。
(ウエアはセンタクヤのタグがとりわすれてるようなのを
選んでしまった。中古だと元の持ち主がきちんとしててほしいからねー。)

高いか安いか分からんが、新品だと一着2万円とかだから無理。
あーー独身だったら簡単なことが四人だと全部四倍だもんねえ。

そのほか、スキーショップへ行って、インナーやらソックス、
ゴーグル、手袋を買う。
ブック○○でさえも万札。恐怖のスキー。
テニスだったらいつもの体操着で済むものを・・。


2. チケット問題&金銭問題

インターネットで買うというのは決めていたのだが
殿が調べて買うか、piraが調べて買うかで喧嘩になったため
中々決まらない。仕方がないので最後は私が勝手に決めた。

三泊4日羽田発日航アンヌプリホテル滞在で、朝食、八時間リフト券
一枚つき、大人\37900。
どうなんですか?これ。安い?高い?
北海道ですからね。出費だけでもでっかいどう。

すごくかかるような、北海道でゲレンデ脇ホテル滞在と考えると
安いような。飛行機つかうんですもんね。安いのかな。

そのほかに、あと3日間分のリフト券、スキーセット代、
保険、羽田往復の交通費、昼食四回、夕食四回、
休憩時のコーヒー代、温泉へ行ったので入湯料金がかかった。
羽田へは、最寄の駅からエアポートシャトルバスを使った。
これは良かったです。

2006.03.2514:16

飛行機が怖い。羽田発福岡行から始まる物語

昨日、正確に言うと、夜の十時過ぎに本州に戻ってまいりました。
飛行機は本当に久しぶりでして、かなりかなーり緊張いたしました。

でも飛行機が怖いのは、すこーしだけ訳があるんですよ。

*********

去年の夏、殿が福岡に出張したとき、
二基しかないエンジンのうち一個が
飛び立って十分くらいしたとき、
ガチャーイイイインといって壊れて止まったんだって。
上昇途中のことでしかも、乗務員もすぐさま全員シートベルトして、
これはヤバイ普通じゃないとあせったそうな。

この飛行機に乗っているお客、実は、
出発前には別の飛行機の中だったんですよ。
ドアがロックできないトラブルで、定刻一時間後に乗り換えさせられて
たんだそうだ。
ほとんどのビジネスマンたちは焦りモードだったうえに
このエンジントラブル。羽田→福岡・・じゃなくて、もう一度羽田。
殿は羽田に引き返すときに、遺書を書いたそうですがな。

このエンジントラブル大事件だと思いません?
しかし、ずーーと長い間発表なかったんだよね。
最近「エンジンの中の部品がさびてて
折れてクラッシュしたことがあった」とか発表があったけど。
エンジンが止まっただけじゃない。
飛行中にがっちゃーんといって壊れたら心臓止まるよね。

およっ???て感じで客全員に不安が走ったらしいけど、
特に混乱もなく、怒るわけでもなく、
到着するやいなや携帯で連絡して
仕事に走ったらしい。なんかいじましい。
働くビジネスマン、かっこよすぎる。

piraはうちの近所で出勤前に命に関わる事件があったら
パートの時間が迫っていてもすんごーーく怒ってしまうと思うがな。
怒っても意味がないんだったら、
無視したほうが良いのかなあ。分からん。

**********


旅行計画は去年一昨年も立てていたのだ。しかし、息子の予定とかみ合わずお流れに。だから今年はかなり気合が入っていたのだ。

しかしいざ切符が来て、旅行が決定的になってみると、
飛行機トラブルのことが頭をぐううるぐる。
心拍数、血圧ともかなりなもんになっていたのだった。
2006.03.2111:21

乗務員 羽田空港

モブログでアップした画像。

20060321111532
あるいているだけで絵になるひとたち

元の携帯画像はこれ。


DSC00673.jpg

2006.03.2111:15

働く車 羽田空港

モブログの画像
20060321110943
みんなのにもつをはこんでいます。ひこうきへいそげ、いそげ。

元の携帯画像。



ほかにも頑張っていた車たち。
DSC00675.jpg



DSC00676.jpg

DSC00680.jpg

これは飛行場の中です。
DSC00684.jpg

2006.03.2022:36

本州から脱出だ!

アテンションプリーズ、アテンションプリーズ。

おみやげは羽田で白い恋人を買いますね。

しばらくお返事かけません。ごめんなさい。

モブログに挑戦してみます。

ウマくいくだろうか。ちょっと不安だど。

では、皆さん!

明日朝早いんで。

しー ゆー 
2006.03.2018:34

かりんとう  ゆずごま

素朴な心が生きています。

ゆずごま

こりゃ掘り出しもんっ!


こだわりの味ゆずりませんだって。

続きを読む

2006.03.1921:31

ダイソー文庫シリーズ13 頭脳パズル

百円ショップはパラダイスですね。一番の大ヒットはバケツ。

たまたまなんですけど、私が目をつけたバケツは、
売ってたおじさんがオリジナルでおろしていたバケツだったらしく、
「ものを選ぶ目がある。」と盛んに褒めてくださった。
バケツ一つで会話が弾むこと弾むこと。おほほっほ。

実際に、そのバケツはどの高級バケツよりずっとずっと良いバケツであった。
しかも、最近トンとあのすばらしいバケツ、売ってないんだな。
あれは、かなり特殊な幻のバケツだと思う。

今思い起こせば、その100均ショップはダイソーじゃなく、
スーパーの前で、一時期だけ開いていたもの。
もしかしたら、あのおじさんは仙人で、
バケツを探していた私のためにだけ100均ショップをつくって、
「選ぶ目が確かかどうか」を試してたんではないかと思い始めている。

********

そんな私の最近のお気に入りは、ダイソー文庫なんであります。

そのダイソー文庫、頭脳パズルから五問。

以下のことわざは、何処かが間違っています。訂正しましょう。

1.相づちを入れる。
2.上へ下への大騒ぎ。
3.怒り心頭に達する。
4.肝に命じる。
5.片身が狭い。

続きを読む

2006.03.1813:10

総入れ替えの季節です

真面目に勉強するレゴ君。

レゴ君勉強してるの?家庭教師が彼?ちょっと!大丈夫???


でも、すぐ飽きちゃったのね。やっぱり。

家庭教師は?レゴ君、どこへ行くの?


息2 小6のころの図工作品

続きを読む

2006.03.1710:12

動物園写真館

まずは一度、遊びに行ってみて!!

動物園写真館

by keiji_takayama


写真の王道だって感じで、言葉が要りませんね。
しかも被写体が只者ではありません。王者ですから。
動物たちの表情が手に取るようにわかる。この写真を撮るまでに
どれだけかかったんでしょうね。すごい。すごい。
わたしは今、背番号11のボビー君をデスクトップの背景に使わせてもらってます。目が可愛いし、赤いTシャツが効いてます。

どうしてこちらのブログにたどり着いたかというと、
ブログを作るときに、ナマケモノが木にでもぶら下がってる絵に、あたしんちの母の顔を描いて、プロフィールに使おうと思っていたの。
参考になる写真を探していたらこのブログ。すっかりとりこに。

そういえばその後、記憶がぶっとんでプロフィールのことを忘れてしまったのだな。実家の犬の携帯写真になってますね。(そうだ。だれかプロフィール想像画でもかいてもらえないだろうか。希望は、ナマケモノに美人のあたしんちの母です)

動物園写真館はIDがない人はコメントできないのですね。
メールをしましたところ、ブログで紹介してよいとのことです。
takayamaさん、お返事ありがとうございました!これからも
ステキな写真をよろしくお願いします。

さあさあさあ、ニッポン全国一斉に、動物写真を楽しませていただきましょう!!


2006.03.1523:45

3月の物語

上では雪がふっているのだろうか。

不思議な雲たち

続きを読む

2006.03.1409:19

自己紹介バトン

自己紹介バトン。piyomaruさんからいただきました。
サ、今は何をか包み申さん~!

続きを読む

2006.03.1221:28

中学受験を考えてみる。

子供は良い環境の中で育てたい。自分たち親が出来る範囲内で、
出来る限りのことを子供にしてあげたいという一心で、
子供を塾に入れ、中学受験をさせ、
義務教育のはずの中学に高いお金をかけている。
しかし、実際のところ、それだけの効果はあるんだろうか?
元はとれるんだろうか???
お金の事は大事なのに、考えちゃったら破綻しそうな
気もする・・・。


受験の終わった皆様、お疲れ様でした。
そして、これから受験戦争に突き進む方々、気合をいれて
頑張っていきましょう。

さて、受験シーズンが終わり、話題も一段落したこのごろですが、
経済面から受験を考えてみた面白いブログがあったので、
紹介しようと思います。
日々の生活から起きていることを観察しよう!! by ムギ
February 07, 2006
中学受験の経済学



「証券アナリスト」が
「経済面から見て中学受験はどのようなメリットがあるか」
を考えてくれた記事で、新鮮な切り口です。

以前知り合いと、子供を私学に通わせるのと、公立に
通わせるのと、塾その他全てひっくるめてどっちが得か
という話になって、彼女は私学に入れて、
あと大学まで塾を利用しないのだったら
私学の方が得かも・・と話していました。
ただ最近は、私学のかなりのトップ高の子でも
ほぼ大学受験前に塾へ通っている状況、
やはり私学はお金がかかると思いますよ。

今回の記事とは関係ないんですけど、
国立大学でも学費が毎年のように
上がっています。今年も上がりましたね。
あんなにぼろぼろになっちゃった大学にあんなに!
はーー。力尽きちゃったりして。
大学まで学校に通わせられるんだろうか・・・。

********

私立中について私が思うこと。

受験が終わってすぐの方がいるのにナンですが、
実際のところ、たけさんがどこかでコメントしていたように、
私学に過度の期待をするのは危険とも感じました。

子供というのは勉強ができるできないに限らず、
イイコもいれば意地悪な子もいるし、
しっかりしている子も問題を抱えている子もいると
最近の事件を見て感じます。

ただ、中学という不安定な時期、
心理面では、高校受験というストレスがないこと、
体作りの面では、中学三年生でしっかり部活で
エネルギー発散できることのメリットは大きい。
公立中高一貫もそのようなメリットはあるでしょう。

また、私学ならではのメリットとしては、
子供同士でトラブルが起こった場合、
子供の教育に熱心である親の数が多いので
学校も子供の状況を伝える等の対応は楽でしょう。

私は息1のときに公立中学の校外委員をしたのですが、
学校周りのパトロールというのをしたときに、ゲーセンや
盛り場から通学しているような状況の子!を目撃。
その子の母は子供が今どこにいるのか把握していなかったりして、
びっくりこきました。公立はいろんな家庭がありますよね。
先生も大変だろうな。荒れてる子の家庭は荒れてる場合も
あるだろうし。あーあ。

********

ムギさんはこの間の朝日新聞BE欄で紹介がありましたね。
私はムギさんのもう一つのブログ

CD、テープを聴いて勉強しよう!! by ムギ

も好きです。もしヒアリングに関心のある方がいましたら、
こちらもどうぞ。良かったですよ。

2006.03.1118:31

當世流小栗判官は最高だ!

歌舞伎の知識がまったくない私。
友人Mさんに誘われて国立劇場にレッツゴー。

実はMさん関西にひっこしちゃうんですよ。
息1の同級生ママさんで、近所なの。
そのほか、色々お世話になったんで
とっても寂しい・・。

歌舞伎に誘ってくれてありがとうございました。
心から楽しめました。
家は離れてしまうけどまた会えるよね。

本当に本当に色々ありがとう!!
そして、連絡を取り合いましょう。
これからもヨロシク!

で、その「猿之助十八番の内 當世流小栗判官」の・・・

続きを読む

2006.03.1009:22

きょうは歌舞伎にいっちゃうよー

うほほほ。これから国立劇場にいってきまーす。歌舞伎「當世流小栗判官」。国立劇場、もしかして生まれて初めて入るのかも。
面白いらしいので、期待してるんです。ほほほほ。歌舞伎ってなにーー?
2006.03.0900:01

脱力系ぱらぱら漫画

ぱらぱら漫画ブーム?ですね。私のへなちょこ動画が火付け役だとしたら嬉しいです。

息2の作品です。

ちょっと目がちらちらするかな。若さ爆発。スピードが速い。


頼み込んで借りました。題は「くす」です。

20060308231328.gif



そして、piraのさえないパラパラ漫画。しかしかなり頑張った。

題は「花粉症」。失敗品ですが、今が旬ですからね。


kusyami2.gif

2006.03.0809:20

3月7日の風景

春ですね。花粉症歴3年の私。去年ほどではありませんが、昨日から本格的にくしゃみが。薬が欠かせません。

春の日差し。
上着も一枚ぬぎましたよ


梅まっさかり。
蝋梅も近くにあって、いいにおいだったんだけど、こっちのほうが綺麗ね。


しかし、曇るとこの通り。まだ寒いですね。木もはだかんぼだし。
3月はまだ葉っぱがない。また4月に撮って見ます


夕暮れ。あっというまに夜。さむいさむい。お家へ早く帰りましょ。
電柱って哀愁を帯びてませんか?

2006.03.0708:16

元ちゃんも時計回りしてるそうです。

何処かの半島とかへ岬めぐりにいくとき、どっち回りするか考えたことありますか?私はぜーんぜん考えたことがありませんでした。

ナック5によると、時計めぐりのほうが眺めがよろしいとか
日本の道路は左側通行ですからね、時計回りだと海がぐぐっと近くなるわけ。房総半島だったりすれば、富士山が見えるんでしょうねえ。


ちなみに、piraが前回三浦半島にドライブに行ったときは、渋滞をさけるため夜11時過ぎに出発。しかも反時計回り。

息子二人は留守番。殿と二人でいったのよー。暗くてお互いよく見えないし、ロマンチック?気分だけ10歳若返りました。

夜はスイスイいけちゃうのだ。海まで一直線。いい気分。
夜だから富士山とか、海はみえなかった。でも、
夏だったので十代の子らが花火してるのと横浜の夜景が見えました。
大分行きのフェリーが港についてた。1日かかるんだって。
シャトルハイウェイラインでは神奈川県横須賀市にある
久里浜港と大分市大在港を結ぶフェリー航路


夜中に到着するんだね。荷物運んだりするのは夜の方が混まなくて便利だからかな。

次回、三浦半島や房総半島へドライブに行くときは、
絶対に時計回りにしようと心に誓ったpiraでございました。
♪いらっしゃいませ♪


電力使用量

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
あらたにす
 
いってみる?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ゴガクル中国語
ゴガクル英語
メール:
遊びに来てくれてありがとです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
友達んち
ちびおば師匠が作ってくれたスイッチ。





piragotenバナー: Atnet Japan!
Atnet Japan!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。