--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.0808:48

Theatre劇団子23rd ACT 「マグロを釣るつもりじゃなかった」 2010年7月7日 @赤坂RED/THEATER

初日。七夕の夜、夫婦で演劇みてきました~。

赤坂見附からすぐの赤坂RED/THEATER。
夫は大手町だから都心部だったら私が出ていけばよいので
楽ですね。特に赤坂見附は便利♪

会場とっても綺麗でびっくり。
中に入ると海の家のセットがあって、波の音がざざーー、っとしていて
いい気持ちになりましたよ~。

ネタバレになるとつまらないので、感想だけ。
タイトルから想像していたドタバタの喜劇ではありませんでした。
心にずっしりくる、なかなかの作品。
小ネタにクスっとわらったり、涙がでたり、ああ、そうだったのか。。。と
納得したりの数時間。すごく良かったです。
次の作品がとても楽しみで、また観に来ようね~と、大満足で帰宅です。

好きなキャラクターは、アラフォーの未婚女性役かな~。
夫は警官役。それぞれ、田中千佳子さん、戸田和志さんがやっていて
帰りに前にみた好きよキャプテンのDVDを買って、サインしてもらいまいました。
サイン、結局コンプリート?出来なかった(出来るわけないっか。)

おじいちゃん役の野村比呂樹さんは今日から始まるもやしもんでJFO研篠崎役で
レギュラーだそうです。ふう、みなくちゃな~。前回野村さんの高校生やくから
今回のボケ爺さんまでみたので、凄い人だなあと。

あと、前回プリンス役だった阿部英貴さんが今回すごくカッコ悪い役だったので
ちょっとビックリ。前回マドンナ役だった斉藤さんは今回はちょっぴり悪女で、
ああ、そうそう前回笑える沢山の役をやった土橋さんが影のあるお父さん役で、
家に帰ってからわかったんだけど、チョウさんは大学生の娘役で。。。
ああああ、書ききれないよ。
同じ劇団を続けてみていくって、なかなか良いですね。

Theatre劇団子 公演情報
スポンサーサイト
2010.05.3108:20

朗読発表会  茨木のり子

この間Aばあさまと、義理の姉ナディアさんがでるというので朗読発表会に行ってまいりました。
茨木のり子さんの詩の朗読でした。
「私が一番きれいだったとき」しか知らなかったのですが、
笑う能力という詩とか、ユーモアがあってとってもよかったです。

また発表会メンバーはみんなプロみたいに上手で、声が心が染みとおるようでした。
中国から強制連行された実在の人物の物語、りゅうりぇんれんの物語とか泣いてしまいました。
劉連仁 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


朗読を聴いているだけなのに、笑ったりないたり。。
言葉のちからってすごいですね。また来年も発表会みにいきたいなあ。


これは吉岡秀隆さんが茨木のり子さんの詩を朗読したものだそうです。



茨木のり子 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2010.02.2809:16

Theatre劇団子22nd ACT 「好きよキャプテン」

殿は若かりしころ、ボートを漕いでいたらしい。
ボート部が主役とおもわれる演劇のチラシが送られてきたので、
26日(金)に池袋まで行ってまいりました。

ナマの演劇は久しぶり~♪
前回は息子の高校の演劇部公演だったもんね。
こんどはプロだもんね。
池袋で殿と待ち合わせ♪
これをデートというんだろうか。

繁華街をぬけ、少し落ち着いたあたりにあるシアターグリーン。
間違えて違う演目のほうの入り口から入りそうになったが
どうも様子が違うので慌ててでるピラ。
殿が違うドアのほうで手招きをしている。
おっと、そっちかい。

Theatre劇団子の名前は知らなかったので、
恐る恐る予約して見にきた関係上、部屋にはいったら満席でまずびっくり。
期待がガンガン高まります。
人気のグループなんですね。
金曜の夜によくチケットがとれたなあと感動。
後で調べてみたら初日前に全日完売だったんですね。ラッキー。

それにしては舞台がちょっと地味だな。
もしかしてずっと高校ボート部室のままですか?と
一旦盛り上がった気持ちが少し盛り下がり、
次回はゲキシネでしかみたことのない
劇団新感線を生で見てみたいな、などと心がつぶやい・・。

七時になり開演です。まっくらになり
わりとすぐに明るくなったら、いきなり舞台に人がたってて驚いたのなんの。
これは、最後のほうまで感動しました。
暗くなる→すぐ明るくなる→人が変わってる→驚く→演劇→暗くなる→明るくなる→人が変わってる→おどろく!!→・・・

すごいですね。幕とかいりませんね。

劇団子、小気味よくテンポの良い舞台で、スゴク良かったです。
脚本も良かったなあ、帰りに台本を買いました。アドリブとかあるのか
これから見てみよう。
登場人物がもうすぐ50になろうとしている
昔高校生だった人たちってことでドンピシャのツボなギャグ。
こんなに楽しめるとは思いませんでした。
役作りではまっていたのはジャッキー役の島村比呂樹さんかな、
虚弱体質役のジャッキーが逆立ちしたときは驚いたです。
カッコ良かったのはナイフ役大高雄一郎さん、声も綺麗で良かった。でも
どう見ても三十代かなあ。もう少し老けてたほうが同級生にみえたかもね。
プリンス役、阿部英貴さん。かっこつけでカッコ悪い役がなかなかうまかった。
同窓会でちょっと嘘いっちゃう。こんな人いるよねっ。
桃子先生役、斉藤範子さん。いい。こういう先生に高校時代に出会いたかった。
素敵な人ってすっと入った。桃子先生が老けたら、シャルウィダンスのたまこ先生みたいになるのかな。


舞台は最後まで部室のまんまでしたが、笑ったり泣いたりしているうちに
あっという間に終わり。終わってみれば部室って設定も自然で
映像を部室の壁に流すってのも新鮮な感じ。
Theatre劇団子、また見に行くと思います。良かったです。


シアターグリーン提携公演
Theatre劇団子22nd ACT「好きよキャプテン」
2010.2.24wed - 28sun
池袋 シアターグリーン BIG TREE THEATER

シアトル劇団子 最大の自信作!満を持しての再演!

キッスした
震えた
ボートを漕いだ
そして永遠について考えた

水のないボート部で泣いたり笑ったり駆け抜けた一度きりの青春。
「オー ! ヤー ! 」オールを漕ぐように、時は流れ早足で過ぎていく。
僕らはどれだけあの頃思い描いた理想の大人に近づけたんだろう。
「ボートは前に進むんじゃない後ろに進むんだ」
鼻先をくすぐる夏の匂い・・・その時僕は少し幻惑した。
Theatre劇団子がお届けする、少しお馬鹿で、ちょっぴりセンチな、
なんてことのないひと夏の青春の記録。

2008.05.1723:41

今日は結構がんばりました。

本当は学校のPTA行事もあったんだけど、
チケットも買ってしまっていたので、英語劇を見に行きました。

http://www.tokyoplayers.org/index.html

水曜日の楽しい英語教室で教えてもらったのです。
今回はミュージカルの喜劇だったので、筋も分かりやすくて楽しめましたー!

ミュージカルいいですね。ふううう。
外国の方って声の質が違うんでしょうか。
きれいです。別世界です。もううっとりです。

今日はボランティアも頼まれてて、スタッフの衣装をきて
始まる前と幕間で飲み物を売りました。
も、もしかしてここに私から飲み物を買った方いらっしゃったら
ごめんなさい。もたついてしまった。。

観客の半分以上は外国の方。
売り場でもスタッフとの会話でも全部英語だったから
ただ、飲み物売ってお金数えただけなのに、
半日英語づけで、妙な疲れが。。。






2007.11.1500:46

今日は朝からいい気分。

今日は子供の学校行事があって渋谷に出かけました。
保護者も見学可能なコンサートだったんで、
ママ友達と一緒に出かけたのですが、
良いコンサートでした。
むこうでは思いがけずブログ友達とも会うことができ、
いやーー、とても有意義でした。

しかし、同じ学校の生徒六学年が全員同じ時間に渋谷に集合ってのは。
当然、同じ制服の子が渋谷駅からぞろぞろ、
千人くらいでしょうか、すんごい遠足ですなー。圧巻でありました。

さて、そのあとです。せっかく都心にでてきたっちゅーことで、

ゲキ×シネ!!!!

朧の森に棲む鬼
http://www.oboro-no-mori.jp/ 



去年michakoさんに教えていただいてから、ぜひ今年もと
思ってたんですけど、予告編が怖いでしょ?
今回のは行かずに我慢してたんです。
でも、それも、新宿のは今週で終わりなんですよ。
ううう。

で、結局、ひとりではいけなくて、息子を連れて勇気をだして
行っちゃいました。

勇気出していって良かったです!!!
窓口で、suicaでチケットをとったら
二千円/ひとりでした。
七時十分はじまりのチケット、
買ったのは六時だったんですけど、
真ん中の良い席を選べました。
夜遅くなるし、普通の日だし、
ガラガラかなあとおもっていたら、
かなり埋まりましたよ。
びっくり。七時にあわせてみんな来たんですねー。

息1は演劇大好きなので、今日の感想を聞きたがりました。
shiroh じゃなくて、あおどくろ系、と言ったら納得。
学校が終わってから一人で行くそうです。
バルト9は映像もきれいだし音もいいので、
本当に楽しいですねーー。

今日は行きも帰りも電車座って乗り換えナシ。
うれしかった。

コンサート おわって寄り道 帰宅おそっ


2007.10.1421:48

バーナード・ポメランス作『エレファント・マン』

殿と二人で
英語劇を観て来ました。
劇の内容はこちら。
バーナード・ポメランス作『エレファント・マン』

主役のエレファントマンは、頭蓋骨や右半身の畸形のために
家族からは引き離され、見世物小屋に売られたり苦しめられ、
しかし、最終的には彼を理解する人々に囲まれて亡くなるという設定です。
劇ではそのエレファントマンをメークや小細工ナシ、全身を使った演技と
口ぶりであらわしていました。これはすごかったです。


今回の劇、ほぼしゃべりが中心だったので、
国立劇場にある歌舞伎用みたいなイヤホンガイドがほしかったよーー。
いまどんな場面なのか、あらすじを見といたので、大体は
分かるんですけど、何をしゃべっているのか分からないんで
味わえないんです。えーんえーーん。

これが、ミュージカルとか喜劇とかだったら体の動きとかで楽しめたんでしょうか。
今度英語劇を観にいくときがあったら、劇の種類にも気をつけなくちゃですなーー。
今回の劇は、かなーーーり難しくて、殿と二人、途中の休憩で「終わったもの」と
勘違いして帰ってしまうとこでした

そうそう、今日の観劇中のことなんですけど、後ろに座ったおじさん、
劇の途中でパカパカ写真を撮りだしたんです。ありえないでしょ?
もりあがってくると、ぴーぴぴー、ぱしゃ。八枚は撮ったんじゃないかな。
小さい音だけど響くしいらいらしました。子供の学芸会じゃあるまいし、
みんなお金を払って観てるんですもん。どういう神経だーーと。
終わってから後ろを振り向いたら、日本人のおじさんっぽくて、
それもすんごく悲しかったですよ。。
2007.05.3021:05

新国立劇場 ギャラリー

DSC02607.jpg


5/29の新国立劇場のギャラリーから写してます。この日の公演はなく、お客さんはほとんど誰もいませんでした。31日から始まる夏の夜の夢の写真撮影なのか、撮影隊がいました。また、アレンジメントされた花籠を持ち込んでいる人も。

ギャラリーには今まで行った公演の衣装が飾ってあります。
正面がホール内側にむいているので、ギャラリーに入ると後姿しかみえません。それでも面白い。

DSC02611.jpg DSC02613.jpg DSC02616.jpg DSC02626.jpg DSC02622.jpg DSC02628.jpg


ドンキホーテくんや妖精たち、夜に動いてたりして。
♪いらっしゃいませ♪


電力使用量

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
あらたにす
 
いってみる?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ゴガクル中国語
ゴガクル英語
メール:
遊びに来てくれてありがとです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
友達んち
ちびおば師匠が作ってくれたスイッチ。





piragotenバナー: Atnet Japan!
Atnet Japan!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。