--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.1021:51

気持ちを伝えるアイデアがいっぱい! ちまっとかわいい メモ折り紙  しまだひろみ

ちまっといろんなかわいい知恵がつまった本でした。
付箋とか、メモがかわいくなって再登場ってかんじで目からうろこだったよ!!
簡単にできるところが気に入ったです。




商品の説明
内容紹介
何気なく使っているメモ用紙もかわいい形に折るだけでおしゃれな伝言メモやカードに変身します! ちっちゃくて使えるアイデアが満載。
内容(「BOOK」データベースより)
ふだんの伝言メモがワンランクアップ。メモ、ふせん、ノートetc.新しいメモ用紙の使い方。
著者について
イラストレーター
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
しまだ/ひろみ
イラストレーター。セツ・モードセミナー卒。広告代理店勤務後、フリーのイラストレーターに。広告・雑誌、イラストブックを中心に活躍中

スポンサーサイト
2012.03.3011:48

働く。―社会で羽ばたくあなたへ  日野原 重明





これから就職するという、息子と同じ年頃の若いお友達にプレゼントした。
日野原先生の本は去年からちょくちょく読んでいるけれど、
この本は、二十歳前後の若い子たちにぴったりの本と思った。
働く意味や生きる意味を考える二十歳前後の人たちへ、
去年の11月に100歳になられた日野原先生からのメッセージがつまっている。

毎日時間を効率よく使って、上手に失敗なく生きるように薦める風潮があるけれど
先生のこの本には、そうは言っても失敗もあるよ。思い通りにいかなくて
まったく停滞しているようにみえるときもある。
でもいいんだよ。それから学ぶこともあって
学ぶといっても、その意味はすぐにわからなくてもいいんだよ。
人間はゆっくりつくられていく、
あせるなというメッセージがこめられていたように思う。




この本をプレゼントしようとおもったきっかけは、
病院の待合室でであったこの本で感動したから。
十歳の君でなかったけどさ、人目をはばからず韓国ドラマみたいに泣いてしまった。
花粉症のひととかいたし、ティッシュで目をおさえたり鼻をかんでも
それほど目立たなくて良かったよ。

働くのほうは、二十歳前後の人たちとの対談を元に作られているというのと、
十歳のきみへ、のほうは淡々と書かれている、という違いがある。

中身に書かれているメッセージのようなものはほぼ同じだけれど、
それぞれいい。同じ本を二度読みかえすより、これを一冊ずつ読んだほうが面白い。
2011.07.1108:33

コストコだったら2万円、ふだんだったら5000円

しあわせのねだん 角田光代を読みました。



財布の中身、角田さんの友人は、年齢を四捨五入した数×1000円だそうだ。その計算式によると、この文章をかかれたころの角田さんは40000円だけど、普段は2000円とか3000円がしょっちゅう。恋人と海水浴にいったときなんか、500エンしかはいってなかったそうであります。

わたしの場合、計算式だと1000歳×1000円。財布に100万円いれなくてはならないから、はなっから無理であります。

私の財布はいれたつもりでも、朝に息子にお金を渡したりすることもあり、本当に空っぽだったりしてな。
この間は食堂の360円が払えずに、パスモ+現金で乗り切った。はあ、怖い怖い。

理想の中身。そうだな、一万円とかいれといていつのまにやらなくなるとダメージがでかいので、五千円くらいかなあ。現金で必要になるのはそれくらいで、それ以上だったらカードを使える店ってことがおおいもんね。
コストコへいくとなぜかいっぱい使っちゃうから、あそこで使えるカードつくってないし、あの店にいくときだけは、財布に2万入ってないと不安かもしれない。

2011.06.1218:53

急いでいるときにかぎって信号が赤になるのはなぜ?

急いでいるときにかぎって信号が赤になるのはなぜ?―“あるある体験”の心理学 [単行本]
セルジュ シコッティ (著), Serge Ciccotti (原著), 神田 順子 (翻訳), 田島 葉子 (翻訳)




久々にブックオフにいってまいりました。

本棚とかの位置がかわってたり、駐車場がタイムズになってたり、
駐車場内の進行用矢印の向きが逆になってたりして、
結構どぎまぎしてしまったです。

もっと頻繁にいかんといかんいかん。

この本。105円で購入。

表紙ははっきりいって好みではなくアレだったけど、
中身は良かったです。
まず、翻訳もんなのに読みやすい。
この手の本、たまに訳がわるかったり、フォントが読みにくいやつだったり、
あと、横書きだったりして、ちょっと洋書風になって、えらそうだったりするんだけど、
ごく普通の縦書きで、ちゃんと読みやすい日本語になってるのだっ♪

オリジナルの本では76あった謎が、日本人向けに58にされてるってのも
もしかしたら、「あ、こんなことあるあるっ」って共感できる本に
仕上がっているひとつの理由かも。

真面目な心理学の本だけどとっても分かりやすいし、
目からうろこってのがたくさんありました。

途中からでも大丈夫。気になる項目だけ読むことができます。
おすすめですわ。
2010.05.2322:01

ソレイユ 復刻版 1956年 8 特集 新しい世代

図書館で借りたソレイユ復刻版はとても興味深いものでした。
1956年の若者は太陽族などといわれて「モラルの混乱」した世代と捉えられがちのようでした。
それから55年ちかく経っているのに、いつになっても若い世代はモラルが混乱していて
年長者はぼやきつづけているのだっ。

奥野健男という評論家の、「新しい世代の方向 情熱」では、
若い、三十歳になったばかりの三島由紀夫の家に遊びにいったときのエピソードが載っていました。

・・・三島さんが、「ぼくは文壇にでてから、ずっと一番若い作家といわれて、
ぼくもそのつもりでいたが、いつの間にか今度の誕生日で30になってしまった。ぞっとするね」
といったところ、ヴェリエルモさんがすかさず「もう自殺はできないね。自殺するなら30までだ。
30過ぎての自殺は汚らしいもの」とからかい、僕たちは30歳になった三島さんに対して乾杯しました。
「こうなった以上、80でも90でも生きて・・・・」と三島さんが言ったので・・



そんな会話があったようですが、三島はその14年後、
45歳のときに三島事件で割腹自殺だもんね。分からないもんだね。

で、1956年の石原慎太郎、三國連太郎、船越英二、津川雅彦の写真。五十年以上前は若者だったんだね。

縮R0015809 縮R0015811
縮R0015810 縮R0015812


中原淳一の絵が表紙のソレイユ。
深い。いろんなものが詰まっていて、
読んでも読んでも読み終わらない感じ。
2010.03.0800:15

力が入らない今日この頃。

息2の高校卒業とともに、いろんな行事が、それなりに終わりまして。。。。

でも、懸案事項が残っているのでスッキリしないというか。

でかかっているオナ●が出ないような、そんな日々。

読書も集中できないので、細切れな文章の本を読みました。




内容(「BOOK」データベースより)
人生の主役になる方法、教えます。知恵と勇気とことばを獲得するためのアンソロジー48。


文章図鑑でありまして、全てが女主人公なわけで。
どこから読んでもいいってのが良かったです。

ずっと昔の女子高生でも、男子高生でも、
真面目に本を読みたいときにオススメ。

この間は甘酸っぱい青春モノの演劇みたし、そしてこれだし、
赤ちゃん返りならぬ、青年返りってやつかな。

肌年齢も若返ったら嬉しい。







2009.11.2508:42

生活と自治 2009 11月号 希望は実在する絶望の中に むのたけじ

生協でもらってる冊子。11月号だからちょっとまえのやつのP26.

・・・・あなたがたも子供を呼び捨てるのはやめて。わが子に「さん」「クン」をつけて
よんでごらんなさい。ガラッとかわるよ。
子供を敬うというのは遅すぎた反省だけれど、これは続けたいなんてよろめきながら思う。

よろめくっていいよ。ずっとまっすぐ行くのはつまらないよ。
生身の人間だもの。
だって行き詰るのは進もうとするからでしょう。
行き詰るというとみんな、「だめだ、失敗」という。
でも動かなきゃ行き詰れない
。・・・



連載 むのたけじさんと話したい29回 より



よろめいたことがない人のコトバってちょっと信じられない。
「よろめくっていいよ」ってむのさん、いいね。
進もうとするから行き詰るって、ちょっと救われた気がします。

むのたけじwikipedia
むのたけじ
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

むのたけじ(武野武治、1915年1月2日 - )は、ジャーナリスト。秋田県生まれ。東京外国語学校卒。報知新聞記者を経て、1940年朝日新聞社に入社、中国、東南アジア特派員となるが、敗戦を機に戦争責任を感じて退社。1948年秋田県で週刊新聞「たいまつ」を創刊、反戦の立場から言論活動を続けた。1978年「たいまつ」は休刊。
著書 [編集]

* たいまつ十六年 企画通信社 1963 のち現代教養文庫
* 雪と足と 文芸春秋新社 1964
* 踏まれ石の返書 文芸春秋新社 1965
* ボロを旗として 番町書房 1966
* 日本の教師にうったえる 明治図書出版 1967
* たいまつ 人間に関する断章604 詞集 三省堂新書 1967
* 1968年 歩み出すための素材 岡村昭彦対談 三省堂新書 1968
* 日本の教育を考える 豊かな人間教育への提言 斎藤喜博、佐藤忠男鼎談 東芝教育技法研究会 1970(TETA新書)
* 解放の十字路 評論社 1973
* われ住むところわが都 家の光協会 1975
* たいまつ 詞集 1-5 評論社 1976-2007
* むのたけじ現代を斬る 北条常久対談 イズミヤ出版 2003
* 戦争いらぬやれぬ世へ 評論社 2007(むのたけじ語る 1)
* いのち守りつなぐ世へ 評論社 2008(むのたけじ語る 2)
* 戦争絶滅へ、人間復活へ 93歳・ジャーナリストの発言 黒岩比佐子聞き手 岩波新書 2008
* ふみさん、たけじさんの93歳対談 峯山冨美 朝日新聞出版 2008



♪いらっしゃいませ♪


電力使用量

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
あらたにす
 
いってみる?

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ゴガクル中国語
ゴガクル英語
メール:
遊びに来てくれてありがとです。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
友達んち
ちびおば師匠が作ってくれたスイッチ。





piragotenバナー: Atnet Japan!
Atnet Japan!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
RSSフィード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。